いつも「なに?」「今忙しい」。スマホ依存の41歳夫に家族で逆襲したら...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:つよぽん
性別:女
年齢:40
プロフィール:2児の母です。スマホ依存の41歳夫を改善させようと、子どもたちと一緒に怒りをぶつけてみました。その結果?

5.jpg

結婚して11年目を迎えました。

41歳の夫とまだまだ人生を共にして行くのですが、最近モヤモヤしてならないことがあります。

それは夫がスマホに依存していること。

家族で出かけている時、ごはんを食べている時などいつ見てもスマホを手離さないのです。

私が「今日は仕事忙しかった?」と話しかけても、スマホに集中して聞こえていないこともしばしば。

何度か話しかけてようやく気付くのですが、目線はスマホのままで、挙句の果てに返ってくる言葉は...

「なに?」

まったく私の話が耳に入っていません。

毎日の会話すらできなくなるのは本当に寂しいものです。

私よりスマホのほうが大事なの? と心のモヤモヤはどんどん膨らんでいきました。

私の怒りがとうとう爆発したのは、家族で過ごしていた週末のことです。

まだ幼児と小学生の子どもがいるのですが、夫は遊んであげようともしません。

いつ見てもリビングのソファに寝転んでスマホばかり見ています。

子どもたちが「お父さん遊ぼう」と誘っても「今忙しい」と冷たくあしらうだけ。

家族とのコミュニケーションより、スマホ優先になっている夫の姿を見て、私の怒りは頂点に達しました。

「もういい加減にしてよ!!」

夫に怒鳴りました。

「家族よりスマホが大事なの? いつも何をしているの?」と問いかけてみたのです。

すると「ゲームしているだけ」と素っ気なく言い返されるだけ。

さらに怒りがこみ上げてきました。

「子どもたちへの興味すらなくなってしまったの?」

私は怒りを通り越し、涙があふれ出てきました。

感情的になっている私のことを心配して、子どもたちも「いつもスマホばっかり! 遊んでくれない!」と夫に口撃。

今までたまっていたモヤモヤを、子どもたちと一緒に吐き出したのです。

家族全員で夫に気持ちをぶつけた効果もあり、さすがに夫も反省。

次のような点に気を付けてもらうことになりました。

まず、話しかけられたらスマホから顔を上げること。

相手のほうを向くことによって、きちんと話を聞いてくれている安心感が生まれます。

そして食事中はスマホを手離すこと。

もちろんスマホを見ない時間を増やしてもらうのが理想ですが、一日に6時間以上も手離さない夫には難しい話だと思いました。

できそうなことから始めてもらうのが先決です。

最低限これらの事を守ってもらうようにお願いしたところ、夫はしぶしぶ「分かった」と言ってくれました。

スマホ依存してしまうことで、家族関係にヒビが入ってしまう。そう気付いたのでしょう。

この日からスマホルールを守ってくれるようになりました。

おかげで家族間のコミュニケーションが増え、以前より明るい雰囲気になったように思います。今後もつづけて守って欲しいです。

関連記事:外では「良き上司」「良きご近所さん」。でも、家では子どものようにダメダメな夫

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP