恐るべし!話好きな父の「話さずに死んだら絶対に後悔するレベルの話」/カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、超人気ブログ「カータンBLOG」からご紹介。今回は、おしゃべり好きの父のこと...。

前回の記事:実家の断捨離(7)ギャー!冷蔵庫に眠っていた衝撃の「ミイラ」の正体は...

実家で、話好きの父に捕まると

帰るタイミングがつかめなくなる。

3ab77ecb-s.jpg

しかし、その話が終わると、

間髪いれず、また次の話が始まるわけで・・・。

5de3f3e8-s.jpg

父のおしゃべりは

とどまることを知らないのだ。

ゆっくり話を聞いてあげたい!
そんな思いはあるものの、
こちらもいろいろ忙しかったり
するわけなのよ。

姉といつも父の話の長さを嘆き合う。

23d71b16-s.jpg

家にいるか、デイサービスに行くか、

父の日常はそんなことの繰り返しだ。

にもかかわらず、
あれだけ話のネタがあるっていうのも
ほんと感心してしまう。
とにかく話すのが好きなのよね。

6926e2f8-s.jpg

とりあえず、二階の部屋まで行って

事情を説明したんだけど

ce5d0b8c-s.jpg

そんなこと言われたら・・・

75a23db0-s.jpg

そう思って、聞いてみたわけ。

e4f07eec-s.jpg

なのに、話し始めた話といったら

d1614e2b-s.jpg

それ、今言わなきゃいけない話?

今後のことも考えて、提案したの!

1fe74311-s.jpg

要するに5レベルは、

『これを言わないで死んだら絶対に後悔する』

そのくらい重要な話ね。

姉は私にこう言った。

27c79f65-s.jpg

後日、私は用があって実家に行った。

頼まれたものを届け、
すぐに帰らなければいけないそんな時。

9a4d0e7e-s.jpg

二階から聞こえてくる父の声。

ひとまず父のところに行って、事情を話した。

e8298f34-s.jpg

念のため、姉に教えられた通り

話のレベルを聞いみたわ。

すると・・・

4a666d3a-s.jpg

4.5って!!!!

それはかなり重要な話じゃないの!

e92eefa9-s.jpg

私はメモを手に、

固唾を呑んで父の話を待った。

父が始めた話を聞いて、私は言葉を失ったわ。

5505bf39-s.jpg

これが、父の4.5レベルの話なのか?

79d21d43-s.jpg

話好きの父にとっては、

すべての話が5レベル?

話の重要性など関係なく
父にとってはどんな話も
「これを言わないまま死んだら
絶対に後悔する」ものらしい。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

今日も夕方、姉と実家に用があって行ったのだけど、待ってましたと言わんばかりに父が話す話す!今日は、姉とふたりだから、いつもより気が楽だった。これ、ひとりだったら、相槌もかなり大変!でもね・・・父と私は似てる。父を見ていると、将来の自分に姿に重なって、こ、怖い!どんな些細な日常もネタにして、しゃべり倒していそうだわよ。

実家の冷蔵庫からミイラ!?など面白エピソード満載!カータンさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP