「まだ火葬したくない」愛猫のやわらかな毛をなで続けた日/フニャコ

5月末、愛猫ぺーやんを亡くし、現在はスミちゃんとの生活になりました、フニャコです。

前回の記事:さよならぺーやん。せめて最期はおうちで一緒に.../フニャコ

ぺーやんを看取った後、呆然としたままぺーやんを撫でていました。何も考えたくなかったけれど、このまま何もしないわけにはいきません。

私はペットが亡くなった時、「肉体が無いだけできっと側に居てくれる。」と、考えています。だから形に拘っておらず、ペット葬は考えていなかったため、市役所へ電話して遺体をどうすれば良いか聞いてみました。

返事はクリーンセンターへ連絡して持ち込んでくださいとのことでした。

...クリーンセンター?

仰々しいことはしなくても、ペットの遺体として焼却されるのかと思っていましたが、持ち込むとゴミと同じように扱われるようでした。(自治体によって違うと思います)

IMG_8071.PNG

嫌だ!絶対に嫌だ!ぺーやんはゴミじゃない。

きちんと送り出してあげたい。選択肢はペット葬しかありません。急いでペット葬を調べて何件か電話をし、感じが良かった葬儀会社に決めて予約をしました。

夫は仕事、娘は学校だったので、私1人で葬儀場へ向かいました。

車が嫌いだったぺーやん。車中では生前と同じようにずっと話しかけ、時折撫でていました。

IMG_8072.PNG

到着すると、電話の応対通り、同じ方かは分かりませんがとても感じの良い方が出迎えてくれました。

一通り説明を聞いた後、持ち込んだ段ボール箱のままではなく、籠か棺を購入することになり、ぺーやんだったら絶対籠の方が好きだろうとそちらを選びました。

籠に移し替える時も、「私が移しましょうか?ご自分で移されますか?」と、常にこちらのことを気遣ってくれました。

自分で籠へ移したけれど、ぺーやんの抱き方を忘れたかのように、重く感じました。

IMG_8073.PNG

準備が整い、隣の火葬場へ向かいました。簡単な葬儀が終わり、5分ほどぺーやんとの2人だけのお別れの時間がありました。

たくさん話しかけ、撫でながら、「まだ火葬したくない」と思いました。

ただ眠っているだけに見えました。毛の柔らかさも、撫で心地も今までのぺーやんです。でも、そんな訳にはいかず、キリがないのでお別れを済ませました。

扉の向こうへ入る時の、最後のお別れがなんとも言えずつらかったです。

火葬が終わるまで控え室でぼんやり待ち、1時間半くらい経った頃、呼ばれて姿が変わってしまったぺーやんと対面しました。

IMG_8074.PNG

ぺーやんの骨は真っ白で綺麗でした。

患部が黒っぽくなるそうですが、ほとんどわからないほどでした。ただ、便が少しあったそうです。亡くなる直前も、出せなくてもトイレへ行こうとしていたぺーやん。その苦しみを思うと胸が締め付けられるようでした。

最初から最後まで、葬儀場の方はぺーやんと私に対して丁寧に、そして温かく寄り添ってくれました。ペット葬も会社により差はあるかもしれませんが、きちんとしたお別れをすることが出来て、気持ちの上でも、とても良かったと思います。

IMG_8075.PNG

小さくなってしまったぺーやん。しばらくは今までのように抱っこして撫でて、話しかけて...。

出かける時も帰った時も、挨拶は欠かせませんでした。

亡くなって数ヶ月経った今も、その時のことは鮮明に思い出されて当時と全く同じ気持ちになります。

悲しみが癒えたということでは無いけれど、少しずつ少しずつ、悲しい思い出を思い出すことが減っています。減っているだけでなのです。おそらく癒えることがない悲しみは、時間の経過に身をまかせるしかないのかもしれないと思いました。

また、「亡くなっても側にいてくれる」と思っていた私でしたが、ぺーやんが亡くなり、そう頭では考えられても実感が無いのです...。

亡くなってしまった今、実際にぺーやんを感じたいのです。火葬前の、火葬したくない気持ち、また骨壷に向かって話しかけていることを考えても、「そこに居る」と思える、ぺーやんという対象があるということが必要でした。

お骨の一部をアクセサリーにするようなサービスがあるのも、そういった気持ちからあるのだろうと思いました。

少し落ち着いた今、焦らずに、楽しい思い出を思い出していきたいです。

可愛い可愛いぺーやん、大好き。

ぺーやんの闘病も。フニャコさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

私もねこちゃん2匹見送りました。ペット葬の方たちは優しいですよね。焼きたくない気持ちわかります。人間のときと同じですよね。焼いてしまえば、本当にお別れという気がしますよね。私も、死んだものは人も動物も側に居て欲しいと思います。でも本当はもうどこにもいないのか、どこかにいるのか、亡くなる度に思いますよね。
押し寄せてくる悲しみを、私は癒してあげられるような何かを持ち合わせていません。記事を読むことで、ふにゃこさんの肩を撫でてる、そんな心境でおります。経験としてあっても、あの頃の私は若くて、母親がよく面倒を見てくれていたのだろうと思います。それでも可愛がってましたからすごく悲しかった。一週間以上ご飯も喉を通らず祖母が心配してあんたたち!しっかりしなさい!!って叱咤されたのを覚えてます。ばあちゃん、無理です、、と思ってました。 思いつくまま書きました
私は毎回人と同じ火葬場にお願いしています。今回は混んでて数日間家で待機だったのでドライアイスでニャンコを保管してました。お花でいっぱい飾ってあげてご飯や大好きな綿棒などを入れてあげました
自分は病院で紹介して頂いた寺院でペット葬をお願いしました。 (おそらく)人間同様に丁寧に厳かに弔って頂いて、気持ちがとても慰められました。 きちんと見送ってあげられてよかったですね。 実感はなくても、ぺーやんちゃんはきっとそばにいますよ! うちの子もそばにいるとずっと信じて過ごしています。
ちょっとバタバタしてたので、今日読ませて頂きました。 自分も前にいたチャトラが終わった時の事を思い出して 涙が止まらない。。。 横たわってるチャトラを撫でたら、ゴロゴロと喉を鳴らして くれて、立ち上がったと思ったらそのまま崩れるように 倒れ、もう息がありませんでした。泣きながら まだ 暖かい体を撫でて撫でて、匂いをかいで、頬をすりつけ。。。 フニャコさんと同じように好きだったものをいっぱい 箱に入れて。 焼き場に行くと、箱の重さを量って500円くらいだと 言われました。 「19年も一緒にいてくれたチャトラの値段がそんな。。。」 愕然として 車で泣きながらまたチャトラを撫でて。 箱にはかすみ草を買って一緒に入れました。 あとで検索したのですが、花言葉が「想いは伝わる」 というものだったので、いい花を選んだと思います。 かすみ草が売られているのを見ると、チャトラを 思い出して眺めるのですが、年々高くなっていってますね。
うちの子も同じ癌で亡くなりました。最期の様子など同じで、読んでいて涙がでました。 焼きたくない気持ちもよく分かります。お願いしますの一言が言えませんでした。 どうか天国では安らぎにと祈らずにはいられません。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP