義母にインスリン注射を打たねば!夜ごと繰り広げられる攻防戦/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:火災寸前!物で溢れる部屋にあったのは...焦げ跡の残るタコ足配線コード/山田あしゅら

義母は認知症になる随分前から糖尿病を患っていました。

両親とも糖尿病だったと聞いたことがありましたので

遺伝的な要素もあったかと思います。

自分でクリニックに通い、服薬も出来ていたのが認知症の進行とともに全て難しくなり、

私が介助するようになって、数年が経ちました。

無茶苦茶だった薬の管理も落ち着き

何とかそれまで服薬のみの治療で済んでいたのですが

1.jpg

それでもクリニックで測る血糖値が

だんだん安定しなくなってきました。

2.jpg

3.jpg

何度注意しても

義父は義母に「水分を摂らせないといけないから」と

自分が買ってきたスポーツ飲料を飲ませようとします。

おそらく以前あった義母の熱中症救急搬送騒ぎを反省してのことでしょうが

スポーツ飲料は糖度が意外に高く、糖尿病の義母に飲ませるのは考え物。

それに義父に義母の間食について注意すると

4.jpg

と、答えるのですが

2階の魔窟に二人でこもってしまえば

何をしているか分かったものじゃありません。

5.jpg

それに加え、病気の進行もあったのでしょう。


結局、診断の結果

6.jpg

インスリン治療を開始することになり

1日1回、注射をしなければいけなくなりました。。

これまで糖尿病と無縁だった私は

もちろんインスリン注射などやったことがありません。

注射器の扱い方や

7.jpg

注意すべき点は看護師さんが丁寧に説明してくれますが

果たして上手くやれるのかしら?


いくら義母は元看護士といえど、義母自身が操作するのはとても無理です。

8.jpg

説明のあいだ中、寝てたし・・・(笑)

さて、注射を打つのは夜お風呂から出た後。

(その頃はまだデイでも家でもお風呂に入っていました。)


最初は打つ方もドキドキでしたが

操作が簡単な注射器でしたので

すぐに慣れて毎晩の作業もそれ程苦ではなくなりました。

しかし義母は

9.jpg

注射の準備をし、消毒の段階で拒否を始めるのです。

何をされるか覚えていなくても何となく『痛いこと』されるんだと

察知するんでしょうね。

そんな時は

お得意の『変顔』でチャレンジ。

10.jpg

義母が大笑いして気を取られているスキに・・・

11.jpg

Lock-on!

今夜も無事ミッション終了です。

12.jpg

自分で試したことがないので

本当はどうだか分かりませんが

説明してくれた看護師さんの話では

ほとんど痛みを感じない注射器なんだそうです。

しかし認知症の義母にとって

前夜のことなどすっかり忘却の彼方。

13.jpg

夜ごと

このコントが繰り返されることとなりました。

ああ。

毎日が新鮮にございます。

山田あしゅらさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。

義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。行年90歳。

義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。

在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP