家を継ぐ男の子をず~っと待ち望んでいた!? 義母の喜びように思わず血の気が引いた

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:きたいしない
性別:女
年齢:44
プロフィール:義母と暮らして10年ちょっと。末っ子長男の嫁です。

19.jpg

主人は4人姉弟の末っ子長男なので、私はいわゆる「長男の嫁」です。結婚後は、義実家で同居生活をおくっています。ただ、主人の家は代々伝わる......とか、重みのある"何か"があるわけではありません。主人や義母からも婚前にそのように聞いていましたので、安心して結婚することを決めました。3人の義姉はみな近くに住んでいますが、みな私と年齢も近いことからか小言なども言われたことはありませんでした。そして結婚してからも長男の嫁だからと特に何も言われることがないまま、のびのびと暮らしていました。

そんな私たち夫婦は、結婚7年目でようやく妊娠。待ちに待った待望の赤ちゃんでした。義母もとても喜んでくれて、誕生が楽しみで仕方がない様子。それまで義母は「子どもはまだ?」といったことは一度も言わず、若夫婦の生活を見守っていてくれました。そのおかけで、私もプレッシャーを感じることなく、仕事と家事の両立をし、自分のペースで妊活を行うことができたのです。

そして安定期に入って何回目かの妊婦健診で、子どもの性別は男の子だろうと言われたときのことです。主人に一番最初に伝え、義母は出かけていたので主人からメールを送ってもらうことにしました。

主人「赤ちゃんはどうやら男の子のようです」

義母「そう! それはよかった! ●●さん(私の名前)、お見事、お見事!」

そのメールを見たとき、今までとは違う何かを感じた私。男の子だから「よかった」? さらに普段義母が「お見事」といった言葉を使ったことがなかったので、(あれ? もしかして男の子がよかったの?)と思ったのです。ただ、義母が帰ってきてから直接性別について話をしましたが、特に男の子だから嬉しいといったセリフもなかったので、このときは気のせいだと思うことにしました。

そして数週間後の次の検診時、やはり男の子との診断は変わらず性別が確定しました。そこで夫から再度義母へメールをしてもらいました。

主人「やはり男の子のようですよ。確定っぽいです」

義母「●●さん(私の名前)、よくやりました。ご立派! ご立派! これで△△(我が家の苗字)家ももう安心」

この返信にびっくりしました。これまで義母は表に出さなかっただけで、家を継ぐ男の子を待ち望んでいたのです。サーッと血の気が引くような、背筋が凍るような......。長男の嫁の重大さを実感した瞬間でした。

その後、めでたく長男が誕生しました。すでに義姉には子どもがいて、しかも男の子が先に産まれていたのですが、「やっぱり、内孫よね~」とガラケーでパシャパシャ写真や動画を撮りまくる義母。あえてまだ何も触れてはきませんが、次はこの長男に家を継ぐといった問題が降ってくるのだろうなと思いながら、心の準備をしております。

関連記事:「〇〇さんは2人目ご懐妊だって」お姑さんからのメールが頻繁すぎ!どう回避する?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

コメント一覧

いずれ貴方にも同じ言葉を使う日が来るでしょう…
うわぁ、それはゾーッとしますよね。体調も大事な時期に、大変でしたね。 私の体験を少々お話しして、こんな人もいたんだと、ちょっと励みになればと思います。 20年ほども前なので、結婚=出産と考える昔の人間の多い時代でした。なかなか懐妊できず、やっとできた子は女の子。姑も喜んではくれたけど、義理の兄嫁が3人も女の子だったので、下の子が男の子だった時は、ちょっと喜びようが違いました。○○家の名を継ぐとか、墓守りのように喜んでいるようなとこもあります。うちの旦那は次男なのになぁ。 名前をつけるときは、絶対に口出しできないようにと、旦那と相談して二人で決めました。 これから先、ご自身の体調を一番に、無理だなぁとか、嫌なことは旦那さんに(やっぱ、親だから)言いにくくても相談して、負担がかからないように。
普段はおくびにもださない(=嫁のストレスになることを分かって自重してる)良識と自制心のある義母でよかったですね、と思ってしまう
親世代と自分で感覚が違うことあるの、当たり前でしょ。お義母さん、長年我慢して暮らしてこられたんだから、あなたも少しは我慢を覚えたらどうですかー

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP