PC&スマホの見すぎで目が疲れる...簡単で効果のあった対策、私の場合/中島めめ

毎日36シアゲ.jpg

こんにちは、中島めめです。

今回は、PCやスマホの画面を長時間見る事による目の疲れについて書きたいと思います。

前回のエピソード:ウイルスに感染しています!?PCにあらわれた文字に大慌て/中島めめ

私は、一日のうちでPCやスマホの画面を見ている時間がとても長いです。
まず漫画を描くのにPCを使っているし、文章もワードで入力するのでその間はずっとPCの画面を見ています。PCから目を離しても今度はスマホでニュースを見たり漫画を読んだり、いろいろなサイトを見たりしてかなりの時間をPCとスマホの画面を見るのに費やしています。

そんな日々が続いたせいか、目が疲れたな、と感じる事が多くなってきました。
目の周りをマッサージしたり蒸しタオルで温めてみたりすると、一時は楽になるのですがすぐまた目の奥がズーンと重く感じられてきます。

目薬も試してみましたが、さした時はスッとしてとても気持ちがいいのですが、さしすぎる事が怖くてあまり使えませんでした。

なぜ怖かったかというと、昔コンタクトレンズをしていた時にドライアイになって、目薬を使ったら手放せなくなって常にさしていないと乾いてしまう悪循環にはまった事があったのです。だから目薬は使う回数を抑えていました。

どちらにしてもPCやスマホの画面を見る時間が減らない限り、目の疲れは治らないような気がしていました。

100円ショップでブルーライトをカットするという眼鏡を買って試してみましたが、ずっとかけていると私の場合は耳が痛くなってきて使うのをやめてしまいました。

そんな時、PCやスマホ画面のブルーライトを抑える設定がある事を知り、どちらも試してみる事にしました。
PCは設定を「夜間モード」にすると、画面がオレンジ系の暖色に変わります。あまりオレンジ色が濃すぎない程度に、使いやすい明るさに調節しました。
スマホ画面は設定を「ナイトシフト」にして、こちらもオレンジ系の画面に変えてみました。

変えてみてすぐに、暖かい色は目にしみるような刺激を感じない事に気づいたのでこれはいいかも?と思い、とりあえずしばらくPCもスマホもその設定で使ってみる事にしました。

オレンジ系の画面は、初めは少し傾けてみると暖色がより強く感じられて不思議な感じがしましたが、すぐに慣れて普通に使う事ができました。そして2週間ほど経った頃、ふとある事に気づいたのです。
今までなら午後には目の疲れをどうにかしようとマッサージをしたり目薬をさしたりしていたのに、なにもしなくても大丈夫になっていたのです。
PCやスマホの画面を見ている時間は減っていないのに、ほとんど目の疲れを感じなくなっていました。個人差などはあるかと思いますが、私の目にはやわらかい暖色の画面が合っていたのだと思います。

今、試しにPCとスマホの画面を以前使っていた設定に戻してみたら、青みがかった光は眩しさを感じる明るさで、目に刺激を感じました。明るい=見やすいという訳ではないんだな、と思いました。

ただ、以前は夜暗い部屋で何かを探す時にスマホの明かりで十分明るくなっていたのが、今は明るすぎない光なのであまり懐中電灯の代わりにならず、ライト機能を使わなければいけなくなった、という事はありますが。

長時間PCやスマホの画面を見ていても目が疲れにくくなったとはいっても、時々はきちんと目を休めていい状態を保てるようにしていきたいと思います。

 

次の記事「筋肉痛でまみれだった私...座ったままで運動不足をこう解消!/中島めめ」はこちら。

他の回も必読!中島めめさんの連載一覧はこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

中島めめ

ライブドア公式ブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送る。
食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

中島めめさんのブログ:たくあんムスメたち。


50life_cover-obi.jpg

たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP