嫁をいじめるのを黙認するかわりに3万円!? 義母と夫の間で交わされていた密約/かづ

pixta_3177249_S.jpg

ある日のこと、いつも通りに姑がやって来た。

買い物をタップリと書いた紙を渡すので、私は行きたくないと言った。

当然姑は怒り出す。

けれども私は行かないと言い切った。

前回の記事:姑の襲来。チェーンをかけて身を潜めているとなぜか救急車が家の前に.../かづ

『今日は何も買う予定が無いので、買い物に行きません!

 お義母さんの所の買い物は、どうぞご自分で行って下さい!!』

姑は一瞬戸惑った様だったが、思い直したかの様に意地悪そうな顔に変わり

『アンタが私の言うことに逆らえる訳無いんや』

『どうしてですか!?』

『あんたは知らんやろうけど、

 毎月息子に3万円お小遣いをあげてるんや。

 アンタをいじめる事はなぁ。

 ちゃ〜んと息子から許可貰ってんのや!!』

なんと夫は、母親から毎月3万円の小遣いを貰う事と引き換えに、姑が私を嫁イビリする事を黙認すると約束していたのだった。

つまり、私は夫の小遣い確保のいけにえだったのであった。

夫が姑に毎月3万円の小遣いを貰っていたことは、相当なショックだった。

しかし思い返してみると、夫はいつもかばってくれず、数々の事が思い当たる訳だ。


姑に

『それは、いつ頃からですか??』

と聞いた。


姑は

『○年の□月頃から!!』

と言った。

それは、入籍した半年後だった。

まず、夫が私とどうしても結婚したかったのは、確かに私を愛していたからではある。

しかし、ずっと母親から指図されてきた夫なので、親に対しての

『嫁くらいは自分で決める!!』

という反抗心も、あった。

もっといえば、そもそも夫が親と縁を切ってでも私と結婚したいと決めたのは、

私の親をアテにしていたからだ。

だから

『養子に入ってもイイです。』

なんて口走っていたのだ。

私が長女なので、私の夫として入り込み、

『長女の婿』

として大事にして貰えると思っていた様だ。

生活費の心配をする事も無く、その上長女の婿殿として大事にして貰えると思っていたので、夫としたら、まさにパラダイスを予想していた訳だ。

ところが、「娘の為に結婚式を挙げてやってくれ」と言う割には一銭の費用も出して貰えない。

次第に私の親に対して「計算違い」を意識しだした。

思えば、新婚旅行の時に、既に夫のケチは炸裂していた。

節約のため何も楽しいことをしなかった。

関連記事:「お金かかるやん」最悪だった新婚旅行、そして義母からの宣戦布告/かづ

夫としたら、大事な大事な娘の為なので、結婚式の費用も新婚旅行の費用も、全額私の親が出してくれると思っていたのだ。

そして、生活の援助も当然の様にして貰えると思っていた訳である。

ところが、ウチの親はそんなに甘っちょろい親ではなかった。

続く...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚35年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP