40歳で脳梗塞に倒れた母。感謝していても介護生活25年でもう限界...自問自答の日々で思うこと

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:tatayayu
性別:男
年齢:43
プロフィール:ピアノ演奏・スポーツジム・プログラム入力・英会話・オンラインゲーム等、様々な趣味に生きる中年です。

33.jpg

私の母親(65歳)は25年ほど前の40歳の時に脳梗塞という大病で倒れまして、それ以来寝たきりの状態でいます。

その日から少しずつ私の生活が変化していきました。

当時18歳だった私はこれからどのように生活をしていけばよいか? と生まれて初めて考えました。

脳梗塞という病気は、ダメージの場所や血栓のサイズによって後遺症のレベルが全然違うというお話でした。

だからまず私がしたことは、脳梗塞について知識をつけることでした。

その結果、母親は元の生活に戻るのはおそらく無理だろうという事。

そして、自宅介護か施設入居かの2択を選択する事になるだろうという事が分かりました。

父親は「自宅で面倒をみたい!」という思っていましたが、私自身はプロのいる施設に入ったほうが、母親の為にも家族の生活の為にも良いのではないか? と思いました。

しかし、最終的に父親の意思を尊重することになり、いよいよ自宅介護が始まりました。

母親は寝たきりであっても、ゆっくりとではありますが、意思疎通ができました。

例えばテレビを見ていてクスクスと笑ってみたり、あかさたなのボードを指して会話をしたりできるレベルに回復していたので本当に良かったです。

介護体制は、昼間は週に何回かヘルバーさんに来てもらい、それ以外の日は私と親戚、夜中は父親と兄が介護をするという体制。

途中で私は、仕事の関係もあり実家を出て一人暮らしを始めたので介護をする回数が減ってしまいましたが、何とか続けました。

実家を出ることになり父には申し訳なかったのですが、20年間位はこの体制で母の介護をしたのです。

そして、今から5年ほど前に父親が定年退職をした際に田舎に引っ越しをしまして、ほぼ父親1人で介護をしている状態になりました。

そこから3年後の今から2年前、父親の体調が悪くなりました。

私は車で3時間ほどかかる両親の家まで通い、兄や親戚も休日に時間を作って通うという状態に。

もともと長い介護生活で疲弊しきっていたのに、遠距離になった事によって時間的にもお金的にも体力的にも、みんなが限界を迎えるのに時間はかかりませんでした。

そして、家族会議により施設のお世話になろうと決めたのです。

私と父親と2人で母親へその事を伝えました。

その時に、ビックリする事が起きてしまいました。

母親が倒れてから、一度も聞いた事がないほどの大きな声で泣き始めたのです。

施設には絶対に入りたくないという事なのだと思い、すぐにではないと説明し何とかその場を収めました。

それから2年たっても母には何も言い出せずに自宅介護を続けています。

少しでも介護を経験した事のある方ならお分かりになると思いますが、介護している時はもちろんですが、それ以外の時間も常に気を配らなければいけません。

とにかく負担が大きく、疲弊してしまいます。

もちろん、一番大変なのは母親だということも分かってはいるのですが...。

最近は若年性の脳梗塞や脳出血にかかる方が多いというお話をよく聞きますが、母親も今の私よりも若い40歳位で寝たきりになってしまい、可哀そうでなりません。

私は子供の頃に母にたくさん迷惑をかけました。

おかげでそれなりの大人になり、今も何とか楽しく生活を送れています。

母親には感謝しかありませんが、もう限界というのも正直な気持ちです。

世の中には同じ様な経験をした方も少なからずいらっしゃると思いますが、どのような対応をしているのでしょうか。

もし、私と似た境遇の方がいたら、一度話をしてみたい、そう思う今日この頃です。

関連の体験記:気づいてしまった...中学校の給食室で働いていた私が目撃した、栄養士の「ある行為とその顛末」
関連の体験記:「食べられるものがないの...」90代の義母が待ち望んだ食事会...ど、どうする!?
関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

結局本当のお母様のお気持ちはお聞きになっていないのですよね。意思表示もできるのですからお話しなさっては。 似た境遇のかたとは団体やSNSで話をしたり色々聞いたりできると思いますが。 あまり本気で動いている感じがしません。
25年も自宅介護を続けておられるとのこと、心身共にとてつもない負担がかかっていますよね。 お母さんが大声で泣いたと言う事ですが、どういう理由で泣いたのでしょうか。そこは確認されましたか? 私はまだ30代ですが夫と息子がいます。 自分の介護のせいで家族が疲弊していたら早く施設に入れて欲しいと思ってしまいます。それどころか自宅介護自体を望みません。 母親とは何よりも子の幸せを願うものではないでしょうか? 一刻も早くお母さんの意思を確認する、または説得を始めないと、そのうちお父さんに何かあったら二人を同時に介護するはめになります。 18年育ててもらった恩は充分に返されたのではないでしょうか? ご自身のお体をご自愛ください。
私も、7年間母親を家で介護しました。私の母は、69歳で脳出血で倒れもうダメだと言われましたが、奇跡的に手術ができ命は取り止めました。が、あの頃の私は、目が覚めれば治った、体が不自由になっただけで命さえあれば助かれば私が母の足にも腕にもなれる!と思って少し未来が明るくなりました。でも、現実は違ってました。高次脳機能障害と言うとんでもない、悲しい、辛い、憎い病気になりました。昔の母のように会話も出来てても、急に怒り出したり泣き出したり暴れたり、私たちは本当に初めての経験でどうしたらいいのかわからずただただ途方に暮れてしまいまし。 ごめんなさい、一度これだけ書いておくりますがまた続きがあり、貴方様のお役に立てるかどうかわかりませんが、あの時のあの頃の自分を見てるような。。また続きを後日書かせてもらいますね。
体験記、拝読させていただきました。お母様の介護、お疲れさまです。頭を悩ませていらっしゃるのですね。気が休まらない日々を過ごすというのも、長期戦になると消耗が激しいですよね。いつもならスルーしてしまうところなのですが。私も家族の介護に携わって長い期間が経ちます。遠方支援という辛さもわかるのですが。読んでいて どうにも気になるところがありましたので お節介は百も承知で、コメントさせてくださいね。老婆心が過ぎて 長文になります。 ①似た境遇の方がいたら、一度話をしてみたい。とのお話しですが。 ガス抜きや、意見交換、同調してもらうこと。共感してもらうこと。精神な息抜きは 自分を守り大切にするために必要なことです。が、的を得ない情報に振り回されないこと。お母様のことが手遅れにならないことが大事なので。SNSなどは お気をつけください。介護は、100家族あれば  100通りの答えがあります。全てオーダーメイドなのです。
私なら、実際にお母様にたずさわって。性格や環境や長年の症状経過を把握している人に 相談します。(ケアマネ、医療ソーシャルワーカー、介護相談員、地域の介護保険課、長寿応援課などです。) どうしても、顔見知りでは嫌だ。ということなら 介護施設入居アドバイザー、看護師、在宅介護ヘルパーさんなど多様に具体案や意見をだせる 介護LIFULLなどの サイトを利用します。回答も素早く、施設を探すのもお手伝いしてくれます。 ②体験記のなかで、どうにも理解に苦しかったのは。お母様のために主体性を持って介護キーパーソンになっているのは誰なのか?というところが読めないのです。お母様のメンタル、フィジカル面を週何回かのヘルパーさんへ伝達する要となる人です。介護を支える金銭面でも内容を統括できて判断、入金や運営できる人が軸になっていないと、進む話しも進みません。 ワンチームの中に、監督やブレインが何人もいたら そのチームは作戦が固まりません。
もし お父様がキーパーソンだったのであれば。2年前お父様の体調がおもわしくなくなってからは、誰が引き継いで 介護計画(ケアプラン)の打合せや、問題提起、お母様の希望を毎月のケアマネ会議で伝えているのでしょう? お父様には田舎にお引越しをされた なにか、総合的な理由もおありだと思うので あの当時はこう考えた。いまは事情がこう変わって、どうなった。当時は要介護4だったが いまはどう。こちらに引越してきて、医療環境・介護環境・家をどうして欲しいなど。プライドを一度とり払って もっとご家族は知っておいたほうがいいと思います。 そしてキーパーソンが、能動的になってお母様のために 尽くして進めてください。 待っているだけでは、お母様用の最適な介護は 向こうから都合よく 近づいては来てくれません。一発で正解にたどり着くのは稀で、軽く試したり。一定期間 試したからこそ 向き不向きがわかったり。選択肢がたくさんあるのです。
※このいまの段階で、お父様自身が体調を崩していて頻繁に通院や入院、機能回復リハビリを必要としていたり。同居自体が不安要素なのなら。ご家族の中で、介護キーパーソン引継ぎを急がなくてはなりませんし。家族が責任を持って引継げないのであれば、そこを包み隠す ケアマネに相談しなければなりません。 (いまは、お母様のみの介護計画の見直しなのか。お母様お父様双方の介護計画を新規に立てるのか。を決める段階だと気がついて動くときです。 在宅介護を施設介護に切り替えるというのは、局部的なことに収まらず。衛生面、配食面、周囲環境、兄弟親戚縁者の状況を丸ごとさらけ出さないと本気の介護は始まりにくいです。田舎か都心部か どちらをメインにするか否かも含めて) なぜ、お母様の介護施設入居希望を出すに至ったのか。在宅では困難な、やむを得ない事情を記述して行政に提出する申告書も この先にはあります。 お母様の為にもご家族の生活の為にも介護施設入居希望をしたほうが良いのではないか?とのこと。体験記にはありましたが。なぜ、良いと思うのか。現況までの経緯、ご家族のいまの疲弊を具体的に第三者に判ってもらえないと。
介護施設選びの際、目指すものが見えてきません。 ③そして お母様の涙の理由を、逃げずにちゃんと 突きとめてください。 お母様が大きな声で泣いたのを、貴方様がご覧になってビックリしたのだと思いますが。実はお父様や、お医者さま、ヘルパーさまの前では 以前から泣いているシーンはあったように感じますよ。お母様は ひとりで、こっそり泣いて 誰にも見られないようにタオルを目に被せ寝ていたかもしれません。 貴方様とお父様は、涙の意味を 『施設には絶対に入りたくないという事なのだ』と思ったとのことでしたが。もっと 冷静に、かつ能動的になったほうがいいです。介護はスピードが命です。状況は転がる石より 展開が急なことがあります。命に触れることが 起きてしまうことがあります。 知識をつけてるだけでは、時間切れになることも あります。
「すぐにではない」と説明し何とかその場を収めたのなら、しっかり貴方が ケツもちのアシストをしないと。お母様もお父様も、お互いに気を使い過ぎて 腹の奥を勘ぐっていては同居している環境下なのに可哀想です。 「すぐにではない」と状況好転を祈っていたら、このコロナ禍です。いまは、介護施設の面会も入居案内、見学も 全国で制限されてしまっています。待機していても、順番待ち家族様は多いです。 口頭でのスムーズな会話で意思疎通が厳しいのであれば。貴方様とお母様の介護計画について会話できるベースとなる、自分用のフローチャートを作って先に準備してください。 あかさたなのボードを指して会話をしたりできるレベル。でしたら、貴方が 会話を引っ張る形式です。 例えば、 1.『説明しようとしたとき、泣いたの覚えてる?』→YESは2. →NOなら3. 2.『あのときは、ビックリしたから涙が出ただけ』→YESは話をじっくり傾聴してから4.→NOならやっぱり涙の理由を傾聴してから4. 3.『泣いたのは覚えがないから、なんの話だったか。また具体的に聞いてやってもいい』→YESは4.→NOなら5.
4.『あれから調べてみてわかったんだけど。介護施設といっても、新しいスタイルや医療との連携。組み合わせ。ショートステイで1週間お試しに泊まってみるやり方とか、お母さんがしんどくない方法を選べそうなのが 実は色々あるんだよ』 5.『じゃあ、話題を変えようね。最近、お母さんからみて お父さんの体調具合どう思う?なんか疲れてるようにみえるよね。なにか言ってた?』→YESは話をじっくり傾聴してからお父様のためにの4.→NOなら傾聴してから6. 6.『今の地域に小規模多機能っていう通いもヘルパーさんも泊まりもできるーー』 7.『教えてもらったんだけどグループホームっていうのがあってね。見学してみるのはーー』 とか、何通りか臨機応変に会話の糸口が。重くならないように運べるフローチャートで練習してみてください。 お父様がギックリ腰になったとか、 お母様のお茶飲み友達をつくるためと口実つくって デイサービスや、ショートステイを 毎月うまく利用して お母様の気持ちの揺らぎを 観察するのも いい方法だと思いますよ。
涙の理由が、感傷的なものだけではなく。具体的に施設というものが理解出来なかったからだということもあります。家族に対しての自分が負担に思われていると虚無感で涙が出てしまったのかもしれません。 要は 0のものを、段階も踏まずに いきなり 一足跳びで100に変えるのはムリな話しで。 0+1、+1、×2、×3、今度は−2というように。ゆきつ戻りつ、足踏みしたり、立ち止まったり、試してみたり、道草したり。ヒトの気持ちの動きとは そんな感じです。 ④あと。この介護計画について会話は、ぽっと週一 やって来て 数時間しか居座らない息子さんであった場合、すべて 腹を割って お気持ちを吐き出してくれるかどうか。お母様と貴方様との信頼関係が いかほど深いのか。他人様のご家庭のことなので判断しかねます。 週一 やって来て、偉そうに。介護について言いたいことだけ言って お母様お父様に意見して。夕飯も食べず 忙しいからといって帰宅してしまうようなヒトが相手ですと、私も 自分の辛い気持ちや心の素直な部分まで 教える気になりかねます。 言うこときけって 上から目線だったり。
理由がわからず、ただ 自分を邪魔に感じてるだけなのか。家から追い出したいのか と、邪推から壁ができてしまうと 介護は大変 困難になってしまいます。お母様には そう感じとられてはなりません。 ご本人の納得あってこその、ご本人のための介護なので。 もし、介護計画について会話がうまく話せないぞ。納得してもらえてないぞ。コントロール不能だと貴方様が感じるようでしたら。信頼関係の構築からスタートさせる必要があります。信頼というのは口先で伝えるものからではなく、行動から伝わるものです。 寒いと言われれば、毛布をもう一枚持ってきて手をさすり温めてあげる。 足が浮腫んでいる様子なら、つま先から膝 腿へリンパをほぐしてあげる。 お腹が便秘だと言われれば、おへそを中心にのの字マッサージしてあげる。 話す練習だと促し、一緒にしりとりでコミニケーションとる。 車椅子を押して、お母様の思い出の場所にお散歩連れ出してみる。 小腹がすいたと言われれば、簡単なフレンチトースト焼いて出来立てを食べさせてあげる。 寂しいと言われれば、絵本を隣りで読んであげる。
よく眠れないと言われれば、寝具を清潔なものに取り替え 目を瞑って一緒にラジオを聴く。 なんか怖いと言われれば、手を繋いで いつまでも昔の話しでなごます。 ソフト面での密接な関係。穏やかに一緒に過ごす。時間をかけて。気持ちを込めて。幼児にも老親にも介護スタッフにも優しく接する。自分に対して、真剣に何をやってくれるヒトだ と認識してもらうことから。その相手の話しを聞こうと 信頼を得てゆくこと。このあたりが、 介護施設うんぬんの話しの前に ご家庭で できる初歩の介護ごとだと。私の経験で感じたところです。 お母様とご家族様が、未来。悔いを残すことのないよう お祈りしております。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP