長い間、母に辛辣な態度で接していた父。でも母が64歳でうつ病となり「40年分の怒り」をぶつけたら...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:Baltan
性別:女
年齢:55
プロフィール:バツイチ、子なしの独り者。数々のチャレンジと失敗の人生を回収すべく奮闘中です。

28.jpg

父(82歳)は若い頃から子供には優しい人でしたが、典型的な亭主関白、内弁慶でした。

口にするのは辛らつなことばかりで、その被害を一身に受けていたのが母(80歳)でした。

私達が悪いことをしたら、母のしつけが悪いと母にあたり、母からはよく「お父さんに叱られるからそんなことするな」という注意を受けていたものです。

子供に対してもほめるのが下手でした。

100点をとっても「問題が簡単だったんだろう」。

入社試験に受かった時も「お前がいれば茶の一つでも入れてくれるだろう、くらいにしか思われてないから調子に乗るなよ」。

...ほめられた記憶が出てこないほどです。

自分の親兄弟を何より大事にしていて、母方の親兄弟に対しては文句ばかり。

とにかく父は嫌味でネガティブな人というイメージしかありません。

特に母は大変だったと思います。

固めのご飯が好きな父は、ご飯が柔らかかっただけで嫌味たらたら。

晩御飯の用意をしても食事に手を付けない父に、どうして食べないのかと聞くと、「箸が出てない」と一言。

買い物に行くという母に、何と何を買うんだ? 本当にそれは要るのか? と聞くので、母は一度たりとも緊張しないで買い物をした覚えがなかった、といいます。

32年前、母方の祖母が脳梗塞で倒れてから亡くなるまで入院生活が15年間続きましたが、その見舞いに行くにも「この忙しい時に...」と文句を言っていました。

今で言えばモラハラの域に入りそうな父の態度に耐え忍ぶ母が可哀そうで、別れてしまえばいいのに、と子供心に思ったこともありました。

そんな結婚生活が40年ほど続いたツケで、当時64歳だった母はうつ病を発症しました。

診断された当初、ストレスを初めて発散させ始めた母は別人かと思うほど狂暴になり、その怒りをすべて父にぶつけました。

泣き叫びながら父を叩き、引っ掻き、あの時こんなことを言われた、こんなことをされた、とそれこそ40年分の怒りを数週間にわたってぶつけまくったそうです。

海外に住んでいたたため、母から電話で事情を聞いていた私は、父に反撃されるだけじゃないかと気が気ではありませんでした。

しかし父は毎日のように母の罵詈雑言を受け止めていたそうです。

父は母がおかしくなってしまうことを恐れたのか...?

本当のところは分かりません。

しかし父は母が荒れ狂っている間、朝晩、母に言われる通り洗濯ものを干したり取り込んだりし、掃除機をかけ、買い物に行く母を車で送り、食事の後片付けもするようになりました。

そして、何より変わったのは、人を馬鹿にした嫌味や辛辣な皮肉を口にすることがなくなったことでした。

いえ、それでもたまに皮肉や嫌味を言ってしまうようですが、母に「またそういうことを言う!」と指摘されると口をつぐむそうです。

久しぶりに実家に帰った時も、父の変貌ぶりに目を見張りました。

人ってそう簡単に変われるもんじゃないですよね。しかも70歳を越えてから...。

こんな風にできるんなら、もっと前からこうあってくれれば、母も苦労せずに済んだのに、と怒りを感じたのも事実です。

でも、70歳を超えてようやく仲睦まじくしている姿を見ると、人生最後まで分からないもんだなとつくづく思いました。

本当に必要がある時、人って変われるんですね。

その決断ができた父を今は尊敬しています。

関連の体験記:100歳で亡くなった義母。結婚して36年、義母の仕打ちが本当にしんどかった...

関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」
関連の体験記:結婚に反対した長女が泣いている...。次女の彼氏との顔合わせで見えた「父子家庭で育った姉妹の絆」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

お父さんはお母さんを愛していたんですね。お母さんは耐えて大変だったでしょうけど、夫婦のことは夫婦にしかわかりませんね、親でも子でも。
この年代の年寄り夫婦によくある出来事です。何故ここまでされて離婚しないのかは昔の女性の自立が出来てない時代だったからでしょう!女は学歴なんかより早く結婚して家に入り子育てと家事だけやっとけばいい!みたいな風習や変な偏った男尊女卑世代でしたので子供を連れての離婚は無理な事だっんでしょう。三世代前の男性は今の世代のパパさん達とは大違いでしたが、まだまだ結婚しても自己中で金稼いでるのは俺様だから子育ても家事も女がやるのは当たり前、俺の世話も面倒も母親がやってきてくれたのと同等にやれ!とか思っている勘違い男は沢山いるので離婚率が下がるはずも無く、私の周りだけでも離婚数は増加している様に思います。近頃定年退職離婚で1人になって孤独死していく男性の話しなどよくニュースや番組で見ますがこんな悲惨な死に方しないように自分が今まで奥さんや家族にやってきた酷い言動や行動などを見直す必要があると思いますよ!全ての男性諸君!年行ってからの1人って男にとっては本当に悲惨なものですよ!逆に女性は旦那が死んで生き生き暮らして長生きしてる人沢山いますよけどね!(^^)
これ、全く褒める部分ない話ですよ。 よくあるただの捻じくれた共依存夫婦です。 某芸能人夫婦でもありましたよね。不倫暴力を繰り返す夫と、耐えるのが美徳の妻。やがて妻がアルツハイマー、原因はおそらく夫の仕打ちによる脳の萎縮。夫は人が変わったように献身的な介護をし、おしどり夫婦に…って。 自分のせいで病んだ妻を看るなんて、美談ではありません。単なる自己満足の償い。どんなに償ったところで、何も正常に戻りません。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP