年を取って丸くなったと思っていたのに...。怒鳴る、キレる、運転中の暴言。50歳を過ぎて豹変した夫

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:くあら
性別:女
年齢:53
プロフィール:今年も秋刀魚が高いのなんでなん?

5.jpg

夫は52歳です。

若い頃は結構短気な面があり、理不尽な目に合うと瞬間的に怒りを爆発させることがたびたびあり、ハラハラすることも多々ありました。

客観的に見て、夫の怒りは概ね間違いではないとは思っていましたが、怒りすぎなのです。

そんなに激怒しなくてもいいのに、とも感じていました。

ですが、それも年とともにだんだん穏やかになり、40歳を過ぎた頃には「ああ、この人も年を取ったんだなあ、気長になってきたなあ」と思い始めていました。

それが50歳を過ぎ、老眼が進み、初老に足を踏み込んだなと思った頃から、「ん? もしかしてこれが噂の老害ですか?」と思うことがちょくちょく起こりました。

まず、身近なところでは息子の些細な行動言動に対して声を荒げるようになりました。

例えば、息子が夫より後に帰宅した際、「ただいま」と言わずに自分の部屋へ入り、数分してからリビングに顔を出すと、「帰ったらまずは、ただいまだろ!」と怒鳴ります。

また、お風呂の湯船に髪の毛が数本浮いていることにも「ちゃんと湯船を綺麗にしてから風呂から出ろ!」と、わざわざ息子の部屋にまで行って怒鳴っていました。

今までも同じようなことをしていたのですが、それまでは何も言わなかった夫。

息子はきょとんとしながら謝っていますが、腑に落ちていないのは見ていても感じます。

「お父さん最近どうしたん?」と私に聞くこともありました。

そんな夫と先日ドライブをしていた時のことです。

コロナ自粛が続き、遠出をするのはお互い久しぶりで、お天気も良く、楽しくドライブしていました。

反対車線から1台の車が曲がってきたのですが、曲がりきれずに信号が変わったので、夫の進行方向を塞ぐような形になっていました。

夫が減速するなり、数秒待てばいいことなのに、これでもかと言うくらいクラクションを鳴らし、相手には聞こえないものの口汚く罵しりました。

相手が危険運転をしたわけでもないのに、そんなに激しくクラクッションを鳴らさなくても...とたしなめました。

でも、すぐに夫は何事もなかったように平然と運転を続けていて、「さっきのはなんだったんだ...」と薄ら寒い思いを感じました。

年を取ると、感情を抑えられなくなり、自分でもなんでこんな些細なことに激怒しているのだろうと思いながら、止められなくなると聞きます。

デパ地下などで、店員さんに対し大声で怒っている老人を時折見かけます。

まさか自分の夫にそんな兆しを感じるようになるとは...。

一抹の不安を感じながらも、私自身もそんな風にならないよう、そして、お互いそばで足りない部分を補い合いながら暮らしていかないといけない、そう改めて感じたのです。

関連の体験記:娘には言えないけど...70歳手前、貯蓄はキープしたい私たち夫婦にとって「可愛い孫」への出費が痛い

関連の体験記:昼食15時、夕食21時、洗濯は14時から......。ちょっとめんどくさいマイペースなお義母さん
関連の体験記:「あぶねーな!周りよく見ろよ!」公園で遊ぶ小学生に怒鳴った「若いお父さん」。それ、どうなの...⁉

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

一度専門機関で相談されてはいかがですか。既に周囲に影響でてますよね。ただのちょっと怒りっぽいとか自己中とかではないかもしれません。
こんなことくらいと軽く考えないで、診断がつけばスッキリするかも。
男性の更年期、って最近よく聞きますよ?急に性格変わるの、脳腫瘍の可能性もあります。放っておくと、事故やあおり運転で大変なことになるかもよ?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP