【お悩み相談】「老後の住まい、暮らし」を考えたい。どう情報収集すればいい?

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「老後の住まい、暮らし方を考えたいがどう進めればいいのか...」というお悩みに、ノンフィクション作家の松原惇子さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_22073986_S.jpg

【お悩み】

老後の暮らしそろそろ本気で考えたいです

年齢的なものがあるのでしょうか。

『日本看取り士会』など、老後についての記事が目に付くようになってきました。

いまから老後の住まい、暮らし方を考えたいのですが、まだぼんやりしています。

頼れる施設などもどう調べていけば良いか、アドバイスをいただきたいです。

埼玉県 ハーブ姫(73歳)


【おこたえ】
自分の老後をまずイメージして描いてみる

先輩面づらしてごめんなさい。

70歳は、老後の住まいを考え始めるにはちょうどよい年齢だと思います。

いまから情報収集するのはとてもいいこと。

でもその前に、「自分の最期はどこで迎えたいか」を決めることが先決です。

そして、予算です。

年金が少ないのに、すてきな有料老人ホームの情報を集めても意味がないでしょ。

最期は自宅か施設か。

ここが原点です。

施設なら、何歳で入居したいか、どんな身体状況になったら入居したいかを考える。

60代と70代になってからでは考え方が変わってきますよ。

実は、最期は自宅と決めていた私ですが、身体に自信がなくなったら無理かなと...。

"ああ、長生きしたくない"というのが本音です。

でも諦めも必要かなと。

あなたにおすすめしたいのが、自分の経済に見合った老後を絵にすることです。

私はそうしています。

コロナ禍で老後の絵はもう30枚ぐらいになるかしら。

絵にすると自分の考えが整理できるので、いいですよ。

がんばってね。

●松原惇子さん(ノンフィクション作家

※記事に使用している画像はイメージです。

おすすめ記事:77歳の悩み。体重がなかなか減りません。健康の基準も分かりません... /お悩み相談
おすすめ記事:娘2人は結婚し、跡取りのいない私たち60代夫婦の「墓じまい」をどうすれば.../お悩み相談
おすすめ記事:意見が合わず、会話も楽しくない夫とのすれ違いの日々.../お悩み相談
おすすめ記事:68歳、弱ってきた足腰のための運動がどうしても続かない/お悩み相談
おすすめ記事:70歳、ぐっすり寝たい。コロナ禍でさらに眠れなくなってしまった.../お悩み相談

 

今回の先生

松原惇子さん
ノンフィクション作家。専門は「上手な生き方」

【毎日が発見ショッピング】「片付けで子どもを救おう古着ボックス」

 

manaita.jpg

断捨離で社会貢献!あなたの「片付け」がワクチン寄付につながります。 洋服や服飾雑貨を送ると開発途上国の子どもにワクチンが届けられる【片付けで子どもを救おう古着ボックス】 お買い物割引券付きなのでお得に楽しくお片付けがはかどりますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶詳細はコチラ!

この記事は『毎日が発見』2021年12月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP