【漫画】67歳母がガン闘病中にマンションを購入。いよいよ引越しの日...母が残してくれたこと<後編>

「ガンがわかっても取り乱すことなく受け止め、闘病中にマンションを購入した母。ところが、いよいよ完成間近というときに余命宣告があり...。涙が止まらない家族に、母は大事なことをたくさん教えてくれました」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

【前編】67歳母がガン闘病中に「マンション買ってん」。完成間近に告げられた余命に涙...

2話目後半1.jpg

【続きを読む】

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:なみき
Twitter:@picbirds1

コメント一覧

病気なんかで慌てることもなくしっかり日常生活を淡々と過ごされて…。立派ですよね。古い家は思い出も多く子どもたちではなんともしがたい物になったはず。悲しみも引越作業で少しは薄れたはず。素晴らしい生き方でしたよね。子供の前でもお友達の前でも。見習いたいと思います。
素晴らしいですね わたしも歳を重ねて来ましたが その時が来たらこの方みたいになりたいですが ジタバタするかも知れませんね

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP