彩りも鮮やか! 1日おけば甘味が引き出る「トマトのオイル漬け」とアレンジレシピ

いまが旬の夏野菜。たくさん手に入ったら保存食にしておいしく食べ切りましょう。準備するのは、基本調味料と保存容器だけ。シンプルレシピだから、すぐ作れますよ。今回は、家庭料理家の本田明子さんに「トマトのオイル漬けとトマトのオイル漬けを使ったレシピ」を教えてもらいました。

【前回】トースターで丸ごと焼いてオイルをかけるだけ♪ 「なすのオイル漬け」とアレンジレシピ

【最初から見る】おいしさの決め手は水! 保存食「なすの塩漬け」とアレンジレシピ「ぶっかけそうめん」

2108_P022_01_W500.jpg

料理の彩りにも使える

トマト

2108_P022_02.jpg

トマトのオイル漬け

1日おくとじんわりと水分が出て、トマトの甘味がさらに引き出されます。

漬け始めは刻んで彩りに使い、時間がたったらスープや煮込みなど加熱して使って。

1個分30kcal/塩分0.1g
保存/冷蔵5日間

材料(作りやすい分量)
トマト...ややかためのもの3〜4個(500g)
粗塩...小さじ1/2
粒こしょう(あれば)...4粒
オリーブ油...大さじ3
はちみつ...小さじ2

作り方

(1)輪切りにして塩をふる

2108_P022_03_W500.jpg

トマトは7~8mm幅の輪切りにして保存容器に重ねて入れ、粗塩を均一にふる。

(2)調味料を加える

2108_P022_04_W500.jpg

粒こしょうをのせて、オリーブ油、はちみつを順に加え、ふたをして冷蔵室で1時間以上おく。

《オイル漬けを使って》

淡泊な魚にさわやかな風味をプラス
「蒸し魚のトマトソースのせ」

2108_P022_05.jpg

1人分141kcal/塩分0.6g

材料(2人分)と作り方
(1)フライパンに真たら2切れをのせ、酒大さじ4をふって蒸し煮にし、器に盛る。

(2)トマトのオイル漬け4~5枚は角切りにし、青じそのせん切り4~5枚分とあえて、(1)にかける。

夏ならではの味わいを楽しめます
「トマトの冷製パスタ」

2108_P022_06.jpg

1人分413kcal/塩分2.3g

材料(1人分)と作り方
(1)トマトのオイル漬け3〜4枚は半分に切り、オイル漬けのつけ汁大さじ2とともにボウルに入れる。塩、こしょう、おろしにんにく各少々、ゆでて冷やした細めのパスタ70〜80g、ちぎったバジルの葉4〜5枚分を加えてあえ、器に盛る。

(2)粗びき黒こしょう少々、好みでオリーブ油少々をふる。

※記載の保存期間は目安です。保存状態などにより異なる場合もありますのでご注意ください。

【次回】乾燥から守り長持ちする! 「ミニトマトのピクルス」とアレンジレシピ「サラダ」と「ピザトースト」

【まとめ読み】特集「基本調味料で作る夏野菜の保存食」記事リスト

取材・文/坂本典子、佐藤由香(シェルト* ゴ) 撮影/吉田篤史 栄養計算/スタジオ食

 

<教えてくれた人>
本田明子(ほんだ・あきこ)さん
家庭料理家。本田キッチン・オフィス主宰。小林カツ代さんの内弟子第一号となり、20年以上助手を務める。簡単だけど手を抜かないきちんとおいしい料理に定評がある。著書は『本田さんちのおかずが美味しい理由』(学研プラス)など多数。

この記事は『毎日が発見』2021年8月号に掲載の情報です。
PAGE TOP