トースターで丸ごと焼いてオイルをかけるだけ♪ 「なすのオイル漬け」とアレンジレシピ

いまが旬の夏野菜。たくさん手に入ったら保存食にしておいしく食べ切りましょう。準備するのは、基本調味料と保存容器だけ。シンプルレシピだから、すぐ作れますよ。今回は、家庭料理家の本田明子さんに「なすのオイル漬けとなすのオイル漬けを使ったレシピ」を教えてもらいました。

【前回】万能に使えて日持ちもきく「なすの酢漬け」♪ 「肉巻きフライ」や「ピクルスサンド」にアレンジも

【最初から見る】おいしさの決め手は水! 保存食「なすの塩漬け」とアレンジレシピ「ぶっかけそうめん」

なすのオイル漬け

2108_P021_01.jpg

ピーラーで皮をむいたら丸ごと焼いてオイルをかけるだけ。

漬け込むとしっとりして、時間がたってもおいしく食べられます。

残ったオイルは炒めものなどに使って。

1本分155kcal/塩分0.8g
保存/冷蔵5日間

材料(作りやすい分量)
なす...5〜6本(500ℊ)
(A)赤とうがらし...2本
(A)粗塩、砂糖...各小さじ1
(A)粗びき黒こしょう...適量
(A)オリーブ油...1/2カップ

作り方
(1)なすの皮をむく

なすはへたを切り落としてピーラーで皮をむく。

(2)トースターで焼く

2108_P021_02_W500.jpg

オーブントースターの天板に(1)を並べ、200度で15分焼く。

(3)保存する

竹串が通ったら取り出し、さめたら保存容器に並べる。Aを順に加え、ふたをして冷蔵室で一晩漬ける。

2108_P021_03_W500.jpg

《オイル漬けを使って》

とろっとした食感を味わって
「なすとサーモンのあえもの」

2108_P021_04.jpg

1人分335kcal/塩分1.2g

材料(2人分)と作り方
(1)なすのオイル漬け2本は包丁で縦に食べやすく裂く。

(2)ボウルに(1)、サーモンの刺身100g、オイル漬けの漬け汁大さじ1、レモン汁小さじ2、こしょう、パセリのみじん切り各少々を入れてあえる。

お酒のおつまみにもおすすめ
「豆腐となすのさっぱりサラダ」

2108_P021_05.jpg

1人分280kcal/塩分1.4g

材料(2人分)と作り方
(1)なすのオイル漬け2本は包丁で縦半分に裂き、2cm幅に切る。木綿豆腐1/2丁は2cm角に切る。

(2)ボウルに入れ、オイル漬けの漬け汁大さじ1、赤とうがらし1本、酢小さじ2、おろしにんにく、塩各少々、青ゆずの半月切り少々を加えてあえる。

※記載の保存期間は目安です。保存状態などにより異なる場合もありますのでご注意ください。

【次回】彩りも鮮やか! 1日おけば甘味が引き出る「トマトのオイル漬け」とアレンジレシピ

【まとめ読み】特集「基本調味料で作る夏野菜の保存食」記事リスト

取材・文/坂本典子、佐藤由香(シェルト* ゴ) 撮影/吉田篤史 栄養計算/スタジオ食

 

<教えてくれた人>
本田明子(ほんだ・あきこ)さん
家庭料理家。本田キッチン・オフィス主宰。小林カツ代さんの内弟子第一号となり、20年以上助手を務める。簡単だけど手を抜かないきちんとおいしい料理に定評がある。著書は『本田さんちのおかずが美味しい理由』(学研プラス)など多数。

この記事は『毎日が発見』2021年8月号に掲載の情報です。
PAGE TOP