思いっきり「パン!」と手をたたくだけ。1秒でやる気が出る「3つの気分転換法」

「なんとなくやる気が出ない...」そんな日はだいたいのことがうまくいかず、さらに憂鬱になる、なんてことも少なくありません。そんな悪い気持ちの流れを解消できるのが、30代で病身の夫に代わりビジネスで大きな成功を収めた臼井由妃さんの著書『元気の作法』(方丈社)に散りばめられたヒントの数々。今回は同書から、いつでも簡単に元気が出るようになる習慣づくりのコツをお届けします。

pixta_35267286_Sa.jpg

たちまち元気になる!1秒ストレッチ

何だか憂鬱、やる気がでない。

こんなときって誰にでもありますよね。

体調が悪いならば、医療機関で受診をし、薬を処方してもらい静養をすればいいですし、寝不足が原因ならばその日は無理をせず早目に就寝すればいい。

仕事のミスや人間関係のトラブルが憂鬱の原因ならば、それを解消する策もある程度見えてきます。

問題なのは、原因がわからない憂鬱、元気のなさです。

「何だか憂鬱......」は、気まぐれや怠け心が言わせているように思われがちですが、実は深刻。

なぜそうなってしまうのか?

本人には身に覚えがありませんから、ただ困惑するばかりです。

こういうとき原因を追い求めるのは、さらに憂鬱になるばかり。

精神的な負担になるのでやめたほうがいいでしょう。

なぜそうなってしまったかを考えるのではなく、むしろ、とにかく身体を動かす。

これは元気を維持、増進させる基本です。

身体を動かすことは、運動量やそれにかけた時間に関係なく、ポジテイブになるために欠かすことのできない要素です。

ポジテイブな身体の動きにつられて、心もポジテイブになるのです。

「悩みがあるときには、息が上がるくらい激しい運動をして疲労困憊させ、その夜は爆睡で元気を取り戻す」という人。

「サウナに入り喉の渇きと暑苦しさの極限を課して、憂鬱を取り払う」という力業を駆使する人も私の周囲にはいます。

でも、そんな過度な行動をとらなくても元気になれます。

たとえば、

●鏡の中の自分に向けでパンチ!
「大丈夫!」「イケてる!」など、奮い立たせるような言葉をかけながら、ボクシングのファイティングポーズをする。

→一瞬で爽快になります。

●指の腹を使って頭皮を優しくマッサージ
「いいことが起こる」「ツイてる」など、ポジテイブなイメージを抱きながら五本の指で頭を鷲掴みにし、指の腹を使って後頭部、側頭部、頭頂部などをマッサージする。

→リフレッシュするだけでなく、血行がよくなり髪の毛にハリや艶がでてきます。

●「パン!」と手を叩く
過去のミスやトラブルを思い出してイライラ。定年後の生活や老後を不安視してモヤモヤ......。ネガテイブな感情が止まらないときは、「パン!」と思い切り手を叩きます。

→切り替えのサインになり「今」に気持ちが引き戻され、考えてもどうしようもないことに引きずられる自分にさよならできます。

これらはいつでもどこでもできる、心と体をいたわり自分を癒し、元気を導くストレッチです。

元気が足りない、やる気が今ひとつでない。

そんなときに試してみてください。

案外簡単に元気は取り戻せるものです。

【元気ポイント】ポジティブな身体の動きをすると、それにつられて心もポジティブになる。

【最初から読む】やる気が出ない・・・そんなときこそ「笑って」みて! 心理トレーニングにも応用される「つくり笑顔」のススメ

【まとめ読み】「元気の作法」記事リストはこちら!

618gp3SrpUL.jpg

食事に運動、挨拶のやり方など元気を出す38の習慣が全5章で解説されています

 

臼井由妃(うすい・ゆき)
1958年東京都生まれ。著述家。講演家。熱海市観光宣伝大使。33歳で結婚後、病身の夫に代わり経営者となる。独自の発想力と行動力で次々とヒット商品を開発し通販業界で成功。多額の負債を抱えていた会社を年商23億円の優良企業に再生させた。『やりたいことを全部やる! 時間術』(日経ビジネス人文庫)など、著書累計は150万部を超える。

shoei.jpg

『元気の作法―あなたの明日が輝き出す!』

(臼井由妃/方丈社)

仕事でもプライベートでも「元気な人」が信頼を集め、信用を深めていきます。ビジネスで成功を収め、かつて「マネーの虎」(日本テレビ系)にも出演した著者がその元気の秘訣を紹介します。運動や挨拶、食事など生活の中で誰でもできる38の「元気の習慣」を実践してみてください。

※この記事は『元気の作法―あなたの明日が輝き出す!』(臼井由妃/方丈社)からの抜粋です。
PAGE TOP