よく寝る、30回噛んで食べる。健康のために70代女性牧師が守り続ける「ストイックな父の教え」

貯金が少ないから老後が心配...多くの人が抱える将来の不安。そんな時代に、「お金がなくても幸せになれる」と言うのは70代の牧師・ミツコさん。著書『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(すばる舎)の中では、その暮らしぶりを伝えています。今回は同著書から、ミツコさんが感じた仕事のやりがいや日常の感動など、人生を充実して過ごすためのヒントをお届けします。

pixta_68907373_S.jpg

ストイックな牧師の父から受け継いだ、健康を保つ秘訣

大きな病気もしないで、74歳まで健康で暮らしてこられたのは、小さい頃から叩き込まれた父の教えがあるかもしれません。

父は4歳のときに母親を亡くし、自分はきちんと育てられていなかったと思っていたからか、躾に厳しい人。

牧師としては皆から信頼されていましたが、家では姉や兄をよく怒鳴っていました。

私は8人きょうだいの5番目だったので、父からあまり怒られることもなかったのですが、姉や兄への注意を聞いて育ちました。

そんな父は自身の健康に気をつけて様々な健康法を実践し、教会員の人たちにもアドバイスしていました。

子どもたちにもこんなことを言っていました。

だから、私にもそんな生活が、自然に身についたのかもしれません。

「三食きちんと食べる」

「食事の栄養バランスを考える」

「30回よく噛んで食べる」

「1日30品目食べる」

「よく寝る」

「早寝早起きをする」

「規則正しい生活をする」

とくに「よく寝る」はいつも心がけている、私の健康の源です。

夜早く寝るのはもちろんですが、できるだけ昼寝もします。

午後の時間に家にいられるときは、1時間~1時間半ほどが昼寝タイム。

布団を敷いて、しっかり熟睡するようにしています。

週3回は昼寝をしないと、風邪を引くことが多くなります。

寝ることは私の一番の趣味でもあります。

朝起きたとき、午後の予定がなくて「今日は昼寝ができる」と思うと、すごく幸せな気持ちになります(笑)。

「30回よく噛んで食べる」というのも、自然に身につき、今でも実践しています。

食べるのが遅いなと思っていましたが、実はそれがよかった。

でも、教会の仕事で忙しかったときは、噛まずに飲み込んでいたことも。

今はひとり暮らしなので、ご飯は30分くらいかけてゆっくり食べます。

マイペースに食事ができることも、ひとり暮らしのよいところかもしれません。

「規則正しい生活をする」は簡単にできそうですが、意外に難しいこと。

そこで、できるだけ食事の時間を一定にしようと思っています。

毎日、シルバー人材の仕事や教会など出かける場所が違うのですが、食事の時間を決めると1日のスケジュールが整いやすいです。


《1日の時間割》

6時:起床
30分ほど布団の上でストレッチし、さらに30分お祈りをする

7時:布団から出る

7時半:朝食
家事をして、火・水・木曜日は9時前に出かける

12時:昼食

午後:1時間~1時間半ほど昼寝

18時半:夕食 テレビを見たり、運動をしたりする

21時半:入浴

23時:就寝


もちろん、この通りにならない日もあります。

でも、だいたいこんなふうに過ごそうと思っていると、体調管理がしやすいかなと思います。

【最初から読む】「幸せの98%は大変なこと。2%は・・・」女性牧師、70歳から一人暮らしを始めて思うマイペースな「幸せ」

【まとめ読み】「74歳、ないのはお金だけ。」記事リストはこちら!

819VgVYEtYL.jpg

74歳の牧師がつづる、一人暮らしの老後生活。健康管理法やお金の価値感などについて全6章で紹介されています

 

ミツコ(みつこ)
1946年生まれ。牧師。8人きょうだいの5番目として牧師家庭に育ち、自身も牧師を志す。神学系の大学を卒業後、同じく牧師の夫と結婚。夫婦二人三脚で47年間教会を運営。その傍ら、娘4人を育て、孫が16人。長年闘病していた夫を2016年に見送る。現在も協力牧師として、週2回教会につとめ、日曜礼拝で説教を行うことも。

shoei.jpg

『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』

(ミツコ/すばる舎)

年金だけで暮らしは大丈夫か? 体は大丈夫だろうか? 老後生活には悩みの種がつきものです。74歳・牧師のミツコさんはお金がなくても、充実した生活を送っています。健康維持法や仕事への取り組み方、挑戦する心など彼女の生き方は、現代の老後生活の希望になるかもしれません。

※この記事は『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(ミツコ/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP