お肌の水分、奪われてますよ! 寝室で「あなたの肌を乾燥させる」5つの注意点

紫外線に汗、皮脂...。肌にダメージが増える夏ですが、今年はマスクによる肌トラブルも急増! 秋に向け、マスクのダメージケアも含めてしっかり保湿していきたいですよね。そこで、芝浦アイランド皮フ科院長の八木葉子さんと、ヘアメイクアップアーティストの加藤聖子さんに「肌の保湿の極意」をお聞きしました。今回は、知っておきたい「肌を乾燥させる5つのポイント」をご紹介します。

2009_P048_02.jpg

実はこれも肌を乾燥させます。

夏の終わりの肌ダメージは、夏の寝不足とも深い関わりがあります。

寝苦しさで何度も起きることが多いと熟睡する時間が短くなり、睡眠不足状態に。

すると血流が滞り、肌に酸素や水分、栄養分がうまく運ばれなくなり、乾燥します。

眠る環境を整えることが、肌を乾燥から守り、さまざまな肌トラブルの回避につながるのです。

寝不足以外にも夏の寝室には肌ダメージのもとがたくさん。

眠りの環境を、乾燥対策という視点で考え直しましょう。

●寝室の扇風機や冷房の風

涼しい風があると心地よく眠れますが、当たり過ぎると肌の水分は一気に奪われます。

風向きを工夫するなどして、顔に直接風が当たらないようにしたり、風量の調節を。

●舞うホコリ

寝具のホコリが、冷房や扇風機の風で舞うことにより、空気中の水分を吸収して寝室スペースを乾燥させてしまいます。

サラッと涼しく過ごせる寝具の素材を選ぶなどしましょう。

●汗

日中だけでなく寝ているときも汗はかくので、枕カバーなどはこまめに替えて、清潔に保ちましょう。

肌が直接触れる部分は、汗を吸収しやすいものを選びましょう。

●寝不足

昼寝をし過ぎて夜眠れなくなったり、日中より涼しく過ごせるからと夜更かしをすると、寝不足の原因に。

肌の成長ホルモンが活性化する夜は、寝る時間をたっぷり取りましょう。

●脱水症状

夜寝る前に、コップ1杯程度の水分を摂って、体の中も潤しましょう。

汗をかき、体内の水分が足りなくなってくると肌の水分も奪われます。

お酒を飲んだときはいつもより多めに水分を摂ってから寝ましょう。

【まとめ読み】特集:夏の終わりの「保湿の極意」記事リスト

構成・文/栃木さおり 撮影/大瀬智和 ヘアメイク/加藤聖子 イラスト/多田景子 モデル/伊出梓乃

 

<教えてくれた人>
八木葉子(やぎ・ようこ)さん
芝浦アイランド皮フ科院長。2005年より海老名総合病院皮膚科医長、07年より池上総合病院皮膚科部長を経て、13年芝浦アイランド皮フ科開設。皮膚科一般疾患から、医学的根拠に基づく美容皮膚科まで幅広く対応。


加藤聖子(かとう・しょうこ)さん
ヘア・メイクアップアーティスト。Virtu主宰。タレント、文化人のヘアメイクを数多く担当した経験を生かし、「アンチエイジング専門店 美匠顔」をオープン。ホルモンと自律神経にアプローチし、年齢を重ねた女性の美を追求。

★毎日が発見ショッピング

「夏で傷んだスキンケア&ボディケア」特集

25567890123.jpg

残暑の傷んだお肌を徹底ケア! お疲れ肌を優しくケアする【発酵エイジングケアコスメ】や、1秒間に約28,000回の振動の【超音波振動ピーリング美顔器】など「毎日が発見」がオススメするアイテムを一挙掲載! ぜひチェックしてみてください♪

この記事は『毎日が発見』2020年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP