あなたの「夏の肌疲れ」に。秋以降の肌状態に差が出る「夏の終わりのスキンケア術」

夏の紫外線、汗、皮脂だけではない、マスクによる肌トラブルが今年は急増しています。秋に向けて、しっかり保湿する基本ケアに加え、今年はマスクダメージのケアが大切。そこで、芝浦アイランド皮フ科院長の八木葉子さんと、ヘアメイクアップアーティストの加藤聖子さんにお聞きした「保湿の極意」を特集! 今回は、「夏の終わりのスキンケア術」をご紹介します。

2009_P049_03.jpg

冷房、汗、皮脂はどうする?

夏の肌疲れは、この時季一気にやってきます。

しっかり保湿をすることで秋以降の肌状態に差が出ます。

肌が乾燥する原因がこの時季いちばん多いのです

汗をかくと、肌表面がしっとりしていると感じる人もいるかもしれませんが、汗とともに肌表面の水分は蒸発し、実は乾燥します。

さらに毛穴に詰まった皮脂をそのままにしておくと、肌の水分コントロール機能が低下、乾燥が加速します。

屋内にいても、冷房や扇風機の風で肌の水分は奪われます。

「洗顔&クレンジング」で汗、皮脂をしっかり落とす。

2009_P048_03.jpg

保湿の必要がある一方、この時季は汗や皮脂をしっかり洗い落とすことも大切です。

マスクの繊維や外気のホコリなどが、肌表面の汗や皮脂に付着しているため、帰宅後はすぐ洗顔するようにしましょう。

室内で過ごした日でも、夕方には一度洗顔を。

ジェルや水タイプのクレンジングを選べば、さっぱりとメイクを落とせます。

クレンジング後は、洗顔料をきちんと泡立てて、肌に泡を優しくなじませながら洗いましょう。

入浴せずに顔だけ洗う場合は、アゴや首までよくすすぎ、洗い残しがないようにしましょう。

「毛穴をケア」する。

2009_P048_01.jpg

しっかりスキンケアをしていても、あまり効果を感じない人は、毛穴が詰まっていたり、肌の角質が硬くなっているかもしれません。

このような状態だと、せっかく注ぎ込んだ化粧水や美容液の成分が肌へ届かなくなってしまいます。

肌にゴワつきを感じたり、黒ずんだりしている場合は、毛穴にたまった脂を拭き取れるようなものや、ブラシ洗顔などをして、気になる部分のお掃除をしましょう。

汗を素早く引かせる「スキンケア」

しっかり保湿しようと心がけていても、なかなか引かない汗に悪戦苦闘するのが洗顔の後。

顔を洗ったとたん、肌の水分はどんどん奪われていくので、すぐに保湿しないとたちまち乾燥します。

ダメージを少なくするためにも、この時季のスキンケアは汗対策がカギです。

【汗をストップ】

2009_P049_01.jpg

洗顔後、冷えたタオルを首筋に当て、汗を早く引かせましょう。化粧水のボトルを冷蔵庫に冷やしておけば、ボトルで首筋を冷やすこともでき、冷たい化粧水を使うこともできます。

【時間がないときはシートマスク】

2009_P049_02.jpg

洗顔後、すぐシートマスクをはり、スキンケアしながら肌を落ち着かせる方法も。シートが乾いてくると隙間ができるので、まめに手を当ててしっかり密着させましょう。

2009_P049_04.jpg

シートマスクは買わなくてもOK。100円ショップなどで売っている、丸く固まっている乾燥状態のシートマスクに化粧水を含ませて使えます

【寝る前に肌状態をチェック】

2009_P049_03.jpg

寝る前に肌を触って、乾燥状態をチェックしましょう。しっとりした感じが弱ければ、乳液や美容液をひと塗り。乾いているようならもう一度スキンケアするつもりで化粧水、乳液を塗り直しましょう。

【まとめ読み】特集:夏の終わりの「保湿の極意」記事リスト

構成・文/栃木さおり 撮影/大瀬智和 ヘアメイク/加藤聖子 イラスト/多田景子 モデル/伊出梓乃

 

<教えてくれた人>
八木葉子(やぎ・ようこ)さん
芝浦アイランド皮フ科院長。2005年より海老名総合病院皮膚科医長、07年より池上総合病院皮膚科部長を経て、13年芝浦アイランド皮フ科開設。皮膚科一般疾患から、医学的根拠に基づく美容皮膚科まで幅広く対応。


加藤聖子(かとう・しょうこ)さん
ヘア・メイクアップアーティスト。Virtu主宰。タレント、文化人のヘアメイクを数多く担当した経験を生かし、「アンチエイジング専門店 美匠顔」をオープン。ホルモンと自律神経にアプローチし、年齢を重ねた女性の美を追求。

★毎日が発見ショッピング

「夏で傷んだスキンケア&ボディケア」特集

25567890123.jpg

残暑の傷んだお肌を徹底ケア! お疲れ肌を優しくケアする【発酵エイジングケアコスメ】や、1秒間に約28,000回の振動の【超音波振動ピーリング美顔器】など「毎日が発見」がオススメするアイテムを一挙掲載! ぜひチェックしてみてください♪

この記事は『毎日が発見』2020年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP