一日葬、樹木葬、散骨...。どれくらいご存じですか?「新しい葬儀のスタイル」

日本人にとって、最も身近な宗教である仏教ですが「葬祭時のマナーは心もとない...」という人も多いのでは? そこで、仏教関連の著書を数多く執筆する長田幸康さんの著書「これだけは知っておきたい はじめての仏教」から、「お布施の相場」や「墓じまい」また「仏教の歴史」など「これだけは知っておきたい知識」をご紹介します。

pixta_41080494_S.jpg

【直葬】
樹木葬、散骨......多様化する葬儀のスタイル

諸行無常の言葉のように、人の価値観は移り変わり、葬儀のスタイルも変化している。

とくに近年は、宗教色の薄い葬儀が増え、多様化が進んでいる。

「直葬(じきそう)」「火葬式」は通夜や葬儀・告別式といったセレモニーを省き、火葬だけを行なうシンプルな弔い方。

遺体を安置所から火葬場に運び、そのまま火葬する。

お坊さんが招かれ、火葬炉の前で短時間の供養を行なうこともある。

もともとは経済的に余裕のない遺族が行なうことが多かったが、近年では生前から希望を伝えるケースも増えている。

遺族に負担をかけたくないという思いからだろう。

しかし、親族・知人などが故人を偲ぶ機会がないため、後々「寂しい」などと言われてしまうこともあるようだ。

いくら故人の遺志であっても、シンプルすぎて受け入れられない人もいるから難しい。

こうしたデメリットを補えるのが「一日葬」だろう。

通夜を省き、葬儀・告別式と火葬を一日で行なう。

これなら最後のお別れをすることができる。

いずれにせよ、火葬後の納骨をどうするかなどを、菩提寺に相談してから葬儀の方法を決めたほうがよい。

火葬後に海に散骨したり、土に還す「自然葬」も注目されており、「自然に還りたい」と生前に希望する場合が多い。

このうち、樹木(シンボルツリー)を墓碑にみたて、まわりに散骨するのが「樹木葬」だ。

墓碑があるため、故人を偲ぶよりどころにもなる。

新しいお葬式スタイル

直葬 火葬式
亡くなった場所(病院の安置所など)から直接火葬場へ運び、火葬する。火葬炉の前で招かれた僧侶が読経などの供養をすることも

一日葬
通夜を省略し、葬儀・告別式・火葬を1日で行なう

密葬
家族・親族やごく親しい人だけで葬儀を行ない、後日一般の参列者を招いて本葬を行なう

家族葬
家族や身内など親近者のみで行なう

樹木葬
火葬後に墓石の代わりに樹木(シンボルツリー)を墓標とする。墓地として認められた土地でのみ可能

散骨
火葬後の遺骨を粉骨し、撒くこと。海洋散骨の他、故人の思い出の地(自治体に認められた場所)に撒いたり、宇宙に打ち上げたりする

【まとめ読み】これだけは知っておいて!「はじめての仏教」記事リストはこちら!

0622縺ッ縺励y繧√※縺ョ莉乗蕗.jpg

仏教の歴史から日本の寺社仏閣や法要関連の情報をわかりやすく紹介。特に5章の「仏教儀式」はすぐに役立ちます

 

長田幸康(おさだ・ゆきやす)
インドでダライ・ラマ14世に出会って仏教に目覚め、チベット寺院に住み込んで基礎を学ぶ。仏教とチベット文化に造詣が深く、チベットの仏教文化を巡るツアーの現地ガイドも務めた経験もある。ライフワークとして、国内外の信仰の地を訪ねる聖地巡礼を続けている。仏教関連の著書多数

shoei.jpg

『これだけは知っておきたい 図解 はじめての仏教』

(長田幸康/KADOKAWA)

現代葬、墓じまい、改葬などの「今」こそ知りたい仏事雑学から、心を落ち着かせる瞑想、座禅、お遍路、御朱引まで、この1冊で「仏教」が丸わかり! 本書には歴史や習わし、教えなど「仏教の基本」を知ることで日常生活や人生を送る上で役立つノウハウが詰まっています。人間関係や私生活のしがらみから解放されて物事の執着が消え、いつの間にか心が軽くなる。今の時代にピッタリの一冊です。

※この記事は、「これだけは知っておきたい 図解 はじめての仏教」(長田幸康/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP