だし汁ベースで酸味がまろやか♪「夏野菜のさっぱり漬け」の作り方

みずみずしさにあふれた夏野菜が出回る季節、自家製の漬物を楽しんでみませんか?旬の野菜と発酵パワーで、夏を乗り切りましょう。料理家の井澤由美子さんに夏野菜で作るさっぱり漬けの作り方を教えていただきました。

まろやかな酸味と彩りを楽しむ
「夏野菜のさっぱり漬け」

2008_P029_01.jpg

●1人分29kcal/塩分1.3g
●保存 冷蔵で約1週間

和風のだし汁がベースなので酸味もマイルド。酢のクエン酸は体の疲れを取り、夏バテ予防にもなります。漬け汁はご飯に混ぜて酢飯にしても。

材料(作りやすい分量・約6人分)
きゅうり...3本
パプリカ(赤・黄)...各1個
オクラ...5本
塩...適量
(A)だし汁(昆布)...200ml
(A)りんご酢(または米酢)...100ml
(A)塩...大さじ1
(A)きび砂糖(または砂糖)...大さじ2~2 1/2
(A)レモン果汁...小さじ1~3

《こんな野菜でも漬けられます!》
ゴーヤ、みょうが、コーンなど。

2008_P029_02.jpg

作り方
① きゅうりは塩をまぶしてこすり、水で洗って乱切りにする。

2008_P029_03.jpg

塩をまぶしてこすると、漬け汁が浸透しやすくなり、きゅうりのえぐみも取れる。

②パプリカはへたと種を除き、わたを包丁でそぎ取って乱切りにする。オクラは塩ゆでして冷水に取り、水けを拭いて斜め半分に切る。

2008_P029_04.jpg

パプリカはわたを取り除くと、食感がグンと良くなる。

③保存容器に①、②を入れて混ぜ合わせたAを注ぎ、冷蔵室にひと晩おく。

2008_P029_05.jpg

時間をおくと野菜から水分が出て漬け汁が上がってくるので、最初は少し少なめでも大丈夫。

2008_P028_01.jpg

※表示の栄養価は汁けをきった状態での数値です。保存日数は、季節や冷蔵の状態にもよりますので、目安としてお考えください。

取材・文/佐藤由香、坂本典子(シェルト*ゴ) 撮影/吉田篤史

 

料理家・調理師
井澤由美子(いざわ・ゆみこ)
季節の素材とその特性を生かしたシンプルでおいしい料理が人気。薬膳にも造詣が深く、発酵食品作りはライフワークとなっている。『体がよろこぶお漬け物』(誠文堂新光社)など著書多数。

shoei.jpg

『体がよろこぶ お漬け物 乳酸発酵の力で、体の中から美しく』

井澤 由美子/誠文堂新光社

今回の特集で「夏の漬物」を教えてくださった井澤さんの「お漬け物指南書」の決定版。塩でもむだけの乳酸キャベツはもちろん、ご飯のお供にかかせないぬか漬け、汁ごと味わう絶品水キムチ、一度は作りたい本格的な白菜キムチなど、多彩な「お漬物」が紹介されています♪

井澤由美子さん公式サイト

この記事は『毎日が発見』2020年7月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP