一緒に時を重ねる楽しみ。インスタで人気の圷みほさんが伝える「古道具の魅力」

長くいる「家の中」、今こそ居心地のいい空間にしたい――そんな望みを「好きなもの」でかたちにした圷みほさんの暮らしは、インスタで話題に。圷さんの初著書『かごと木箱と古道具と。』(ワニブックス)から、自宅で実際に使っている家具や食器をご紹介します。

116-001-042-a.jpg

ものがたりのある古道具に惹かれて

ダイニングテーブル、椅子、食器棚......、わが家の家具はほとんどが古道具です。

古道具に惹かれるようになったきっかけは、益子の「仁平古道具店」を訪れてから。

長い年月を経て培われた落ち着きのある佇まいや、深みのある存在感は、新しいものにはない魅力があります。

古道具ならひとつひとつ個性があって、一緒に時を重ねる楽しみも。

ひとつ手にしたら、それに合う古道具を探したり、見つけたり。

わが家の景色にやさしくなじみ、家を美しくいろどってくれます。

「これは昔、こういうふうに使われていたんだよ」と、その道具が持つストーリーを聞くと、愛おしさもひとしお。

●Cupboard(食器棚)

116-001-041-a.jpg

益子陶器市の帰りにたまたま立ち寄ったアンティークショップ「モダンロフト」で購入した食器棚。

普段は吟味に吟味を重ねるわたしですが、このときばかりはビビッときて即決しました。

食器棚は縦に積み上げることもできます。

計測をせずに購入したのに、窓と窓の隙間にピッタリ収まるサイズでした。

●Bookend(ブックスタンド)

116-001-041-b.jpg

食器棚の下の段に、古道具のブックスタンドを置いています。

こちらは「メルカリ」で見つけたものです。

●TV table(テレビ台)

116-001-042-a.jpg

部屋に合うテレビ台がなかなか見つからなかったのですが、「仁平古家具店」のオンラインで発見。

ゆくゆくはテーブルとして使うのもいいかな?と思っています。

リーズナブルで状態も良好!

(現在は「仁平古家具店」のオンライン販売は行われていません)

●Drawer unit(袖づくえ)・Work desk (仕事づくえ)・Container(ブリキ缶)

116-001-042-b.jpg

(左)換えの電池や懐中電灯などを入れている袖づくえ。10年くらい前、「仁平古家具店」の実店舗ではじめて購入し、車で持ち帰りました。

(中)仕事で商品を発送したり、お礼状を書いたりするときはこの机を使います。「仁平古家具店」のオンラインで購入したものです。

(右)「仁平古家具店」で購入した、トタンの缶箱です。あまり使わない、でも捨てられないおもちゃをこっそりしまっています。

●Dining table(ダイニングテーブル)

116-001-043-a.jpg

シンプルなダイニングテーブルは、「クラスカ」で見つけました。

什器のように店頭に並んでいたのですが、裏を見たら値段付き!即決でした。

●Chair(椅子)

116-001-043-b.jpg

椅子はセットで購入せず、気に入ったデザインのものを集めるようにしています。

リビングの作業づくえで仕事をするときは、椅子を移動させることも。

(右)「アーコール」のヴィンテージチェア。

(左)ヴィンテージのスクールチェアは英国製。

どちらも「メルカリ」で見つけました。

居心地のいい家のつくり方「かごと木箱と古道具と」記事リストを見る

098-H1-ariko.jpgリノベした築40年の集合住宅に「好きなもの」がたくさん。居心地のいい空間のつくり方を全5章で紹介しています

 

圷みほ(あくつ・みほ)
栃木県出身。acutti主宰。2015年より「毎日の暮らしを少し楽しくする衣・食・住」をコンセプトにしたウェブショップacuttiをスタート。古道具や古家具にIKEAや無印良品、100均やリユースものなどを組み合わせた個性的な部屋づくりをInstagramで紹介している。IKEAのビジュアルに採用された他、雑誌などのメディアでも活躍中。

098-H1-ariko.jpg

『かごと木箱と古道具と。 日々をいろどる“もの”選び』

(圷みほ/ワニブックス)

片付けがラクで、収納はスッキリ、いつもきれいな「家」にしたい。そんな気持ちをかたちにできる「心地よい住まいの作り方」。生活にいろどりを添える器やアート、古道具やプチプラグッズなど、片付け下手でもできるシンプルな暮らしを提案しています。

※この記事は『かごと木箱と古道具と。 日々をいろどる“もの”選び』(圷みほ/ワニブックス)からの抜粋です。
PAGE TOP