あぁ...母が亡くなって、私の愛した「母の暮らした実家」はなくなってしまいました

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:もん子
性別:女
年齢:44
プロフィール:専業主婦です。子供はいません。

14.jpg

父(74歳)は、母が亡くなってから20年程一人暮らしをしています。

私はもともと父とは折り合いが悪く、年に2回、母の命日と年末年始に顔を合わせるくらいです。

そんな父ですが、家事能力がなく、毎日スーパーで買ったお弁当や外食をしています。

洗濯や最低限の掃除機がけはしているようなのですが、古くなったもの、壊れたものをそのままにしています。

行くたびに荒れていく部屋を見て、毎回つらい気持ちになっています。

ドアが外れた食器棚はそのまま。

フローリングの剥がれた部分にはガムテープ。

椅子の足にもガムテープがぐるぐる巻きになっています(木が剥がれたから?)。

料理をまったくしないのに、コンロに乗ったままの曲がった鍋、取っ手の取れた鍋は、油でベタベタし、ホコリがびっしり凝り固まっています。

もう私が知っている実家とは別ものです。

何故こんなに実家が荒れてしまったのか。

それは父が乱暴だからです。

例えば掃除機は、同じ箇所をこするように何度もガシガシとかけます。

うるさいのはもちろんのこと、フローリングがどんどん傷つき、剥がれていってしまいました...。

また食器棚や洋服ダンスの開け締めも「力いっぱい」やります。

「バタンッ!」と閉じたり、開ける時もそんなに開けなくてもいいのでは...というくらい、目一杯開くのです。

そんなことをしていれば当然ドアも外れるでしょう。

ものが壊れるのは仕方ないにしても、直さないのはなぜか。

それは父が全く見た目を気にしないからです。

家なんて「暮らせればいい」そうです。

母はきれい好きな人でした。

インテリア雑誌を買っては部屋を整えていました。

私が小学校の頃、友人が遊びにくると、きれいな家だねと褒められ嬉しくなったのを覚えています。

きちんと定期的に洗われた白いレースのカーテン、観葉植物、白い壁......。

それが今では喫煙者の父によって、すべて黄ばんでいます。

ひどく汚れてしまい、べとつきもあります。

吊り下げられた観葉植物に緑は当然なく、カラカラに干上がった土だけが入っています。

母が大事にしていた家がこんなにも荒れてしまったことが悲しいです。

もう、この家で母が暮らしていた頃の光景が思い出せません。

あまりにも元の家とは違っていて......。

でも私が実家を掃除をしようとすると、父は拒否します。

私が掃除することは「自分の生活を否定されている」と捉えているようです。

私はもう実家を出た人間で、この家に暮らしているのは父。

なので、この家は父が好きにしていいのです。

もう諦めました。

今は、「母が大事にした家はもうないんだ」と思うようにしています。

関連の体験記:ドキドキの結婚挨拶。「5歳年下で未成年、美容師見習いの彼」に父が放った先制パンチ

関連の体験記:え!70歳の義母が15歳年下の男性と再婚!? でもお相手には裏があって...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

悲しいですね。 本当に悲しいですね。 いっそ取り壊して売却してしまえれば大事な場所が壊れていくのこれ以上見ないで済むのに、、、 私の実家も似たかんじです。 母親の死後に相続して実家に住み始めた姉が、いつになっても母の遺品や思い出の品を分けてくれず、体調悪いのを理由にもう10年が経ちます。 法事も行わず腹立たしい限りですが、母を含めた家族との幸せな思い出は私の胸の中に永遠にいる!って思ってます。 家はいつか朽ちてしまいますが、思い出は色褪せないです。 因みにもうすぐ母の命日です。
私もシリルさんと状況が似ていて思わず返信してしまいました。 母が生きている時は実家に寄りつかなかった姉が、母が亡くなった後(公正証書遺言で姉が300坪の土地と実家を相続、次女の私が遺留分1/4ほどの土地を相続)姉に「あんたが生まれた瞬間から大嫌いだった!妹って思ったことなんて1度もない!もう実家に来るな!!」と怒鳴られました。 悲しいけれど現実を受け入れて前に進んでいます。 母との思い出は私の心の中で永遠に生き続けます。法事に呼ばれなくても仏壇に手を合わせられなくても、お墓参りには行くことができます! 私の娘(小1)も姉の怒鳴っている姿を何度も見ているので、もう大好きだったばぁばのおうちには遊びに行けない、と理解してくれました。 実家が無くなってしまった=生まれ育った家族はもういない、なんでしょうね。
私もあなたと似た境遇でした。頑固で口が悪く短気な父が嫌いで寄り付きたくなかったけど独りっ子だし、やはり家が汚いのは我慢できなくて月2回は行ってましたよ。しなくていい!と怒鳴れましたが今考えると本当は嬉しかったんだろうなと思います。御彼岸やお盆などはどうしてるんですか?お母様が帰ってくる日ですよ。娘のあなたが綺麗にしてやることでお母様も喜ぶし最高の供養だと思うのですが。いくら折り合いが悪くて70過ぎていらっしゃるのなら会えるのはあと何回あるのだろうと考えてみてくださいね。私の父は10年前に71で逝きました。今でも時々後悔の念にかられます。
折り合いが悪いからと放置した結果ですから誰にも文句は言えないですね。 お母様がきれいにされていたとのこと、あなたが今のご自分の家をきれいにされたらいいと思います。 お父様と旦那様は似たタイプなのでは。
私の大好きな実家は、もうありません。。 悲しいですね。。 全ては、身勝手な姉のせい。 いつでも、自分のこと保身しか考えてない人。情けない。。 吐き出す場所が無いので、ここで吐き出させてください。。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP