決め手は「肥満遺伝子」! 一日の中で「食べても太りにくい時間帯」があることをご存じですか?

簡単で続けやすいダイエットがないかな...という方へ。「食べる前に野菜ジュースを飲むだけ」の方法があるんです。管理栄養士の望月理恵子さんの著書『ダイエットの新提案 食べる前に飲む特製野菜ジュース』(アスコム)から、「血糖値を急激に上げない」「食べる量を自然に減らす」「らくらく続けられる」新しい野菜ジュースダイエット法をご紹介します。

pixta_32207781_S.jpg

間食代わりに飲むなら午後2~3時が理想的!

小腹がすいて、どうしてもおやつが食べたい。

そんなときは、ベジファーストパウダー入りの野菜ジュースを午後2~3時におやつ代わりに飲むのがおすすめ。

ベジファーストパウダーとは、重曹(食用)とおからパウダーを合わせたものです。

即効性の満腹効果 重曹(食用)
野菜ジュースダイエット_パート1-2-3.jpg

持続性の満腹効果 おからパウダー
野菜ジュースダイエット_パート1-2-1.jpg


ダイエットの強い味方「ベジファーストパウダー」
野菜ジュースダイエット_パート1-2-2.jpg

この「ベジファーストパウダー」を野菜ジュースに混ぜるだけ!

ではなぜ、午後2時~3時なのでしょう。

それは、脂肪細胞を作ったり、脂肪をため込むための酵素を増やしたりする働きをするBMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質の一種が、もっとも少ない時間帯だから。

BMAL1は別名、肥満遺伝子ともいわれ、その量は時間によって変化し、それによって、脂肪をため込む力が変わるのです。

何時に食べると太りにくい?
肥満遺伝子BMAL 1 の1 日の増減グラフ

gurafu1.jpg

出典:日本大学薬学部 榛葉繁紀教授

上の図のように、陽が昇るにつれてBMAL1は減っていき、午後2~3時ごろが最も少なくなります。

その後、夜がふけるにつれて増えていき、22時~深夜2時ごろにピーク。

約20倍にも増えるといわれています。

そのため、夜遅く食べると、BMAL1が多いので、栄養分が脂肪として蓄えられやすいのです。

同じものを食べても、日中と寝る前では脂肪のつき方が違うのはこのためです。

ボリュームの多い食事はBMAL1が少ないお昼に持ってきて、夜は軽めに、遅くとも午後9時ごろまでにすませるのがダイエットの鉄則といえるでしょう。

夕食の時間が遅くなることがわかっているなら、夕方におにぎりなどをおなかに入れて、夜は野菜ジュースや野菜を中心にした軽めのおかずですませてもいいですね。

ちなみにBMAL1は太陽の光を浴びると減るといわれているので、朝起きて朝日を浴びて体内時計をリセットし、朝食をしっかり食べることも大切なので、お忘れなく。

管理栄養士が新開発した「ダイエットの新提案 食べる前に飲む特製野菜ジュース」記事リストはこちら!

taberuyasai_book.jpg

「やせる野菜ジュース」の作り方から「ラクやせエクササイズ」まで手軽なダイエット法を全7章にまとめた一冊!

 

望月理恵子(もちづきりえこ)
調剤薬局で栄養指導に従事後、大手サプリメント会社へ転職し、学術本部に所属。文献からのエビデンス調査に携わる。「根拠のある情報から栄養・健康をサポートする」ことを目的に株式会社Luceを設立。分析に基づく、健康効果の高い食事提案、レシピ開発に定評がある。

■特製野菜ジュースの効果動画もチェック!

shoei.jpg

『ダイエットの新提案 食べる前に飲む特製野菜ジュース』

(望月理恵子/アスコム)

管理栄養士で、健康検定協会理事長が「おから+重曹=ベジパウダー」に野菜ジュースを組み合わせた最強ダイエット法を新開発。やせる秘密からジュースの作り方、アレンジレシピ、さらにラクやせエクササイズまで幅広く役に立つ一冊です。

※この記事は『ダイエットの新提案 食べる前に飲む特製野菜ジュース』(望月理恵子/アスコム)からの抜粋です。
PAGE TOP