「ひざトラブル」で運動不足...という人に!「ひざにやさしい靴」でのウォーキングのススメ

2005p028_01.jpg

生活習慣の見直しとシューズ選びがポイント

年齢が進むにつれ、多くの方がひざの悩みを抱えるようになります。

ひざが痛むと外に出かけるのも億劫になり、運動不足が加速されます。

特に日本人女性はひざトラブルが起こりやすく、その原因の一つがO脚です。

日本人に多いO脚は、ひざ関節の骨が外側に広がるので、内側の骨が当たりやすく、その積み重ねで痛みが出たり、さまざまなトラブルを引き起こします。

そのほか、猫背や肥満もひざの負担になります。

ウォーキングシューズ「ニーズアップ」はひざの負担を軽減する機能を搭載しています。

ひざトラブル対策には運動により下肢筋力をつけることが大切。

ひざをやさしくサポートするシューズで、毎日を活動的に過ごしましょう。

あなたのひざは大丈夫?

女性の変形性ひざ関節症の割合

2005p028_02.jpgYoshimura.N,et al.:J Bone Miner Metab 27:620-628,2009より作成

60代の約6割にひざトラブルが発生

変形性ひざ関節症は加齢が原因とされています。

40代からトラブルを抱える人が増え、60代では約6割、80代では約8割以上の女性がひざに悩むことになります。

ひざの状態をチェック!O脚は要注意

日本人の約8~9割がO脚といわれています。O脚はひざの内側の骨に負担がかかりやすく、ひざトラブルの原因になります。

自分がどんな状態か、知っておきましょう。

1.脚を閉じ、まっすぐに立って自分の指がひざの隙間に何本入るかをチェック。

隙間なし......... 問題なし 
指1本または2本 ...予備軍 
指3本以上......... 要注意
※京都橘大学 村田教授監修データ

2靴底のすり切れ具合を見る。

靴底の外側がすり減っているとO脚傾向の可能性大

ニーズアップでひざのバランスをとるとひざの負担は軽減する

【BEFORE】
2005p028_03.jpg

O脚の状態はひざ関節の内側に負担が集中する。

【AFTER】

2005p028_04.jpg

シューズを履くことでひざ関節の角度が変わり、ひざの負担は軽減。

産・学・医、共同で開発された、ひざにやさしい靴「ニーズアップ」の構造

2005p029_01.jpg

【POINT】
ソール内側の空洞部分が荷重により傾斜。そのバランスでひざへの負担を軽減する。

2005p029_02.jpg

【POINT】
ソールはなめらかな歩行をサポートする舟底設計。かかと着地から蹴り出しまでをスムーズにする。

商品の詳しい情報&購入はこちらから!

ひざトラブルを抑制するには...

運動はひざ周りの筋肉やひざ軟骨を強くし、ひざを補強してトラブルを抑制します。

毎日運動する習慣を取り入れましょう。

●ひざのストレッチでひざ周りをやわらかくする

ひざの周辺がかたいと痛みを感じやすいので、よくほぐすことが大事です。ひざ裏やアキレス腱をのばすストレッチを。

太ももの筋肉をつける

スクワットなどの筋トレで太ももの大腿四頭筋を鍛えると、筋力がひざを守り、軟骨のすり減りを防止します。

ウォーキングで有酸素運動

運動は骨や関節の老化を予防。ウォーキングなら1日60分程度を目安に、正しい姿勢と歩き方で。シューズは靴底がすり減ったものを避けることも必要です。

街歩きにも! ひざにやさしいKNEESUP(ニーズアップ)

2005p029_04.jpg

毎日のウォーキングはもちろん、街歩きにも適したウォーキングシューズ。RL9007はやわらかな風合いのスエード、RL9008は脱ぎ履きしやすいサイドファスナーがポイント。

[お問い合わせ]
アシックス商事
電 0120-777-591
受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

商品の詳しい情報&購入はこちらから!

取材・文/細川潤子 撮影/木下大造 イラスト/かざまりさ


提供:アシックス商事 毎日が発見ネット編集部/PR

 

軽快に歩けてひざにもやさしい!0868ff495c1bcb7bacebf2e31038aa5254bce05a123.jpg

ウォーキングシューズ「KNEESUP」(ニーズアップ)特集
(毎日が発見ショッピング)

産・学・医、共同で開発された「ひざにやさしい靴」。ソール内側の空洞部分が荷重により傾斜し、そのバランスでひざへの負担を軽減する優れた構造が特徴。「ひざトラブル」で運動不足…という人は、ぜひチェックしてみて!

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP