長ねぎ+酢で健康効果倍増!「酢ねぎ」の作り方/ねぎで血液サラサラ、風邪予防

ねぎは昔から、優れた薬効成分が知られています。

血液サラサラ、免疫力のアップ、腸内環境改善&風邪予防など優れた健康効果が期待でき、まさに冬の体を守る最強食材なのです。

今回は、料理研究家の村上祥子さんに、長ねぎ+酢で健康効果倍増の「酢ねぎ」の作り方を教えていただきました。

「酢ねぎ」5つの健康効果

効率良くエネルギーに換える

たんぱく質と酢ねぎを一緒に摂ると、ねぎの硫酸アリルと酢の酢酸が効率良くアミノ酸に分解します。

ねぎの効果がたっぷり

血液をサラサラにしたり、血糖値や血圧を改善、腸内環境改善や免疫力をアップします。

代謝が良くなる

酢+砂糖は食べたものをエネルギーに換えるクエン酸回路の働きを促進します。
血流も良くなるので、肩こりや冷えを改善します。

ビタミンB1の働きを促す

ねぎのイソアリインと酢の酢酸がビタミンB1の働きをサポートし、糖質が体内でエネルギーに換わるのを促進します。

快腸に働く

長ねぎに豊富なオリゴ糖と発酵食品の酢が善玉菌に働きかけて、腸内の環境をさらに整えます。

酢ねぎは、長ねぎプラス酢の健康効果を得られ、さまざまな献立にプラスすることができるので、いつでも手軽に長ねぎが食べられる保存食です。

酢ねぎは血糖値や血圧を正常に促したり、コレステロールを排出するので、生活習慣病が心配な方にはぜひおすすめです。

また、血流が良くなるので体温が上がり、体を温める効果も。

長ねぎが旬のときには、ぜひ常備菜として活用してください。

酢ねぎ

1日の摂取目安量50g(酢ねぎのみの場合)大さじ1(12.5g)あたり7kcal 塩分0.1g

2002p054_01.jpg材料(できあがり300g)

2002p054_02.jpg長ねぎの白い部分...200g

A

酢...100ml
砂糖...15g(はちみつなら25g、パルスイート・カロリー30%カットなら5gを使用してもよい)
塩...小さじ1/2

作り方

①長ねぎは縦に半分に切ってから斜め薄切りにして、ボウルに入れる。
2002p054_03.jpg②鍋にAを入れて火にかけ、煮立ったら火を止める。
2002p054_04.jpg③②を①に加える。常温まで冷まし、便や保存容器に写す。30分後から食べられる。(冷蔵で1カ月保存可能)

2002p054_05.jpg

酢ねぎを足してみましょう!グッと味が締まります

2002p054_06.jpg

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景 

『ねぎで血液ササラサ、風邪予防』その他のレシピはこちら

 

<教えてくれた人>

村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

管理栄養士、料理研究家。福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。これまでの著書は345冊、計740万部。

■村上祥子さんの「さば缶+魚缶」レシピが一冊に!

shoei.jpg

「村上祥子さんのずっと健康でいたいから さば缶+魚缶大活用おかず」(『毎日が発見』健康ブック Kindle版)

定期誌『毎日が発見』の人気特集が1冊の電子ブックになって登場!第一線で活躍し続ける料理研究家・村上祥子さんが、人気のさば缶を使ったレシピを考案。「さば缶ときのこの甘酢煮」「さばともやしのスープ」「にらさば」「さばピーマン」など、さば缶と身近な野菜・食材だけで、短時間で作れる簡単なメニューが満載です。認知症予防に働くDHA、血液サラサラ効果のEPA、筋肉の合成を促す必須アミノ酸であるロイシンなどが豊富に含まれるさば缶を、管理栄養士でもある村上さんのレシピでぜひ使いこなしてください♪

お友だち、増えてます♪LINEで「お役立ち記事」を週3回お届け

この記事は『毎日が発見』2020年2月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP