夫を私の人生から切り捨てる!?子どもが巣立ったら離婚しようと思っていたけれど......

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:にっこ
性別:女
年齢:53
プロフィール:2人の娘がいますが、長女はすでに独立し、次女も来年独り立ちの予定です。

10.jpg

夫のことを許せなくなったのは、今から23年前、私が第二子の次女を妊娠中のことでした。当時仕事が忙しかった夫は、妊娠中で体調の悪い私に当たり続けました。ご飯を作れば食べたいものではなかったと文句をつけ、私が相談事があって話しかけても無言、無視。夫と会話が成立するのは、夫がなにか機嫌を損ねて私を怒り出すときだけでした。

また、当時かわいい盛りだった3歳の長女に対してすら不機嫌な振る舞いをし、無視をするようになったので、もう呆れ返りました。こんな男と結婚したことを心底後悔しました。ですが、当時まだ子どもたちが小さく、専業主婦の私では2人の子どもを育てることに経済的な不安があったため、子どもが巣立ったら離婚しよう、それまではなんとか子どもを守ろうと誓ったのです。それから18年間、大なり小なり夫との衝突はありましたが、なんとか夫婦の形をとってきました。

そして次女ももう22歳。来年は大学も卒業します。ついに離婚のときがきたのですが、私は今になって離婚を迷ってしまっています。現在契約社員としてほそぼそとした稼ぎはありますが、今のお給料ですと家賃、食費等を一人で賄うことはできません。このような経済的な不安があるというのも大きいのですが、それは実家に帰ってまだ健在の両親と暮せば解決できることです。

では何故離婚を迷うのかというと、夫に対して愛情はないけれど、いても気にならない同居人としてならまだつきあっていけるのではないかと、希望をもってしまうからです。仲はよくありませんでしたが、子どもが成長する中で、同じ風景にいた人です。仕事が落ち着く時期などは、穏やかな表情を見せることもありました。現在はやや仕事は落ち着いているので、昔あったような怒鳴りつけなどはありません。ただ、機嫌が悪いときに会話を振っても無言なのはかわらないのですが......。

なんだかこのまま夫を私の人生から切り捨ててしまうのは、あまりにも薄情ではないかと感じるのです。また私が出ていったあと、家事ができない夫は一人で暮らせるのかというのも心配で、一人にしたら早死してしまうのではないか......とも思ってしまいます。また、ただ私が寂しいだけなのかもしれません。

このまま添い遂げるのか、離婚して一人新しい人生を歩いていくのか、いざその時を迎えたのに決断できない自分にイライラしています。いっそ夫の気持ちを聞いてしまいたいとも思うのですが、どのような返答があるのか予想がつかずできません。子どもたちはお母さんの好きにしたらいいと言ってくれています。どうするべきか、まだ迷っています。

関連記事:セカンドライフ、夫と2人で楽しく過ごせる? 熟年離婚を選ぶ女性の心境

■こちらもオススメ!人気の記事
夫よ、一体何がしたい? 無収入なのに外人をバンバン泊まらせる〝えせホストファミリー〟生活にウンザリ

もしや私に言ってる? 掃除ができてないと子どもを怒鳴りつける夫
トイレはキレイで当たり前!? トイレ掃除をしたことがない夫にリベンジしてみた

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

コメント一覧

私も考えています。にっこさんと似てる笑。残りの人生自由に生きる事を選ぶか、どちらか認知症になり介護を出来るか?認知症は性格も変えてしまう事が有ります。 この先10年〜もモヤモヤした不自由な生活を一緒に過ごしたいとは私は思っていません。やりたい事も有りますし。独り身の寂しさかストレス生活を選ぶかですね。
ふと目にして、コメントしたくなりました。 子どもが幼いたいへんな時期にされたことって、通常より堪えますよね。 にっこさんがなぜ最初からご主人は変わらないものとあきらめてらっしゃるのかわかりませんが(それって許してしまってるのとおなじですよね)、別れるのなら一度ちゃんとぶつかってみてはどうでしょう。 こちらから離婚を言い出す覚悟があるのなら、「なんで無視するの?なにが気に入らないの?」としつこく問いただしたり、これまでしてほしかったことをあれこれ要求したりしてみては?それでご主人を追い詰めてむこうから離婚を言い出すのを待てば、先々の扶助を条件に出せばいいし。 書いてあることが全部ではもちろんないと思いますが、夫婦のことなのに子どもにだけ相談して、にっこさんが上から目線で自分にだけ決定権があるように思っていらっしゃるようで、お互い相手を無視しているように見受けられます。今目の前の人との関係すら再構築できないのに、一人になるのは無謀な気がするのですが。
一つでも良いところがあれば一緒の人生をお過ごしください。私は伴侶の価値観に恵まれない人生でしたので羨ましいです。最後の砦があれば大丈夫と思います。
愚痴りたいだけでしょ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP