【理想の間取り】「玄関」は家の顔。扉の向きと門の位置関係に要注意

多くの人にとって人生で一番大きな買い物である「家」。老後の過ごしやすさなど、いろいろ考えて建てたのに、しばらく暮らすと不便な部分がチラホラ...。その理由の一つは「間取りのプランニング不足にある」と現役工務店社長・窪寺伸浩さんは言います。今回は、『いい住まいは「間取り」と「素材」で決まる』(あさ出版)から、「家と人生の関係、理想の間取り」について連載形式でお届けします。

pixta_40781368_S.jpg

【玄関】でゆとりとおくゆかしさをあらわす

玄関は、まず、その位置をどこにするかが最も重要です。なぜならば、玄関を扇のカナメの位置に置いて、玄関にホールを設け、そのホールから各部屋へ行けるよう、間取りを工夫すべきだからです。スペースに、たっぷり余裕がある方というのは、そうはいらっしゃいません。狭いスペースを有効に使うには、まず、廊下をなくすことです。

ここでは、「玄関は扇のカナメの位置」と覚えておいてください。ところで、昔から、「玄関は辰巳の方位」つまり、「東南の角」と言われてきました。これは陰陽五行説によって言い伝えられたもので、それなりの立派な理由があります。

しかし、それにはこだわる必要がないことを、はっきり申し上げておきます。東南の角は玄関以外に、持って来たいものがたくさんあります。家庭生活にとって、一番重要な場所は何でしょうか?

それを充分に考えた上で、玄関より大切なもの、例えば、台所・食堂・茶の間などの位置を優先して考えるべきです。

玄関の位置を決めるには、他にも道路の位置、敷地の形、隣近所との関係など、いろいろな条件も合わせて考えておかなければなりません。

さて、「玄関や門構えは、その家の家柄を示す」と言われた時代がありました。封建制が支配していた頃の話です。貴族や武士の家は外から襲って来る敵に備えたり、また、虚勢を張る意味からも、塀をめぐらし、頑強な門を構えました。地方の豪農もそれにならい、門を構え、小作人たちを牽制しました。商人の家も間口を広くして、店の構えを強調したのです。つまり、「構え」によって人を威圧し、そうすることで格付けをしてきたのです。

しかし、第二次世界大戦のあと、日本を吹き抜けた民主主義の嵐は、欧米の自由思想を定着させ、日本の家屋の塀を、生垣やフェンスに変えていったのです。開放感のあるオープンな家、とてもいいことだと思います。

こうなってくると、大袈裟に構えた玄関など、何の意味もなくなってしまいます。訪れる人を極度に緊張させるような玄関の構えは、決して立派とは言えません。誰もが気楽に訪問でき、しかも気軽さの中に、自然と調和したおくゆかしさがにじみ出るような玄関こそ、良い玄関といえるのではないでしょうか?

東南の玄関は、明るく、いつもすがすがしく、訪れる人の印象が良いので、繁栄の基盤となります。

住まいが仕事場であったり、お客様の多い方の場合は、辰巳の方角の玄関がいいかもしれません。しかし、一般の方の場合は、できるだけ明るく、適当な広さがあり、通風が良ければ、どの位置でも構いません。ただし、直射日光が当たると、扉が傷み、玄関の内部も傷みます。それに、明る過ぎは軽薄になり、品性を落とすことになりますので、充分注意が必要です。

平和で、心豊かな家庭を偲ばせる玄関、それが理想です。玄関は虚勢を張る場ではないことは、すでに申し上げました。しかし、家族の世間に対するプライドを示す場であることも、また、事実なのです。その意味で、玄関をあまり軽く考え過ぎることも危険です。大袈裟な構えはもちろん不要ですが、正しいプライドの表現の場であるべきです。このようなところに、"無駄の効用"があるような気がします。

玄関の位置を決めるに当たって、家相学にあまりこだわる必要はありません。ただ、玄関の向きと門の位置との関係については、できるだけ気を配ってください。

これには、道路との関係や、敷地の形も大きく影響してきますが、それらの条件をいろいろ考え合わせて、できれば門から玄関の距離、つまりアプローチを長めにとって、ゆとりを表現したいものです。また、アプローチの環境にも気を配ってください。

訪れる人に心のゆとりを与え、おくゆかしさを感じさせることによって、あなたの人柄を鮮やかに印象づけることができます。

玄関には広さもほしいのですが、天井の高さもほしいところです。屋根裏を利用して天井を高く見せたり、2階の床をはずして、2階の天井まで吹き抜く場合もあります。吹抜けの上手なつくり方は、玄関の設計の妙味の一つとも言えるでしょう。無理なく、自然な形で、吹抜けをつくりたいものです。特に注意しなければならないのは、「西日や南の太陽の直射」で、これが当たると、夏は玄関が温室のようになってしまいます。

また、吹抜け窓の拭き掃除や、通風のための開け閉めも、充分に考えておく必要があります。

その家の「主人の顔」ともいえる玄関です。いろいろな実例などを見ながら、充分に検討し、研究していただきたいものです。

間取りと素材で家の良さは決まる!「いい住まい」の記事リストはこちら!

039-syoei.jpgキッチンやリビングから玄関に階段まで、あらゆる「理想の間取り」が分かります

 

窪寺伸浩(くぼでら・のぶひろ)

1961年、東京都生まれ。台湾、中国などから社寺用材の特殊材の輸入卸を行うクボデラ株式会社代表取締役社長。東京都神棚神具事業協同組合理事長。「幸福を生む住まいづくり」を提唱する環境研究グループ「ホーミースタディグループ」の中核メンバー。神棚マイスターとしても活動する。著書に「なぜ成功する人は神棚と神社を大切にするのか」(あさ出版)がある。

shoei.jpg

『いい住まいは「間取り」と「素材」で決まる』

(窪寺伸浩/あさ出版)

自分の年齢や家族の人数、暮らし方や重視することの変化にうまく対応する「家」とは、どうあるべき?長い人生を快適に暮らしていくための「間取り」と「素材」の決め方を、現役の工務店社長が教える「家づくり」の解説本。家族が長く、幸せに住める住まいづくりの方法が分かります。

※この記事は『いい住まいは「間取り」と「素材」で決まる』(窪寺伸浩/あさ出版)からの抜粋です。
PAGE TOP