ジッパー付き袋で簡単!減塩効果抜群の「ゆで卵の塩麹漬け」レシピ

いまだに人気衰えずの塩麴。塩麴は、旨味をプラスし、塩やしょうゆを使うより少量の塩分でおいしく料理を仕上げてくれる"減塩調味料"です。料理研究家で管理栄養士の村上祥子さんに、塩麹で漬ける「ゆで卵&いか」のレシピを教えてもらいました。

ゆで卵の塩麹漬け 

1人分79kcal/塩分0.5g

1カ月冷蔵保存が可能で、時間がたつと中華粥に欠かせない塩卵のような味わいに。料理のトッピングにもぴったり!

1909p033_1.jpg

材料(2人分)

ゆで卵...2個

塩麴...大さじ1

万能ねぎの小口切り...少々

1人分79kcal/塩分0.5g

作り方

1 ゆで卵の殻をむき、ジッパー付き袋に入れ、塩麴を加えて閉じ、袋の外から全体にまぶす。1時間後からおいしく食べられる。

1909p033_2.jpg

2 塩麴を軽く落とし、切って器に盛り、ねぎをのせる。



いかの塩麹漬け

1人分65kcal /塩分0.7g

漬けたいかは冷蔵で3日保存できます。それ以上たつといかが柔らかくなり過ぎるので冷凍保存に。冷凍で1カ月保存可能。

1909p033_3.jpg

材料(2人分)

やりいか...1杯(約150g)

塩麴...大さじ1

作り方

1 いかは胴に指を入れ、軟骨の付け根を外し、足を引っ張ってわたと一緒に引き出す。墨袋、内臓、軟骨を切り落とし、洗ってペーパータオルに挟んで水けを取る。

2 外した足を胴に詰める。

1909p033_4.jpg

3 入り口を爪楊枝で留める。

1909p033_5.jpg

4 ジッパー付き袋に3を入れ、塩麴を加えて閉じ、袋の外から押さえて冷蔵する。1時間後には漬かっている。

1909p033_6.jpg

5 フライパンにクッキングシートを敷き、4 の塩麴を軽く落としてのせ、ふたをして弱火で両面各4分焼く。1㎝幅に切って盛りつける。

減塩効果絶大!「塩麹使いこなし術」の記事一覧はこちらから

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景

 

村上祥子さん

むらかみ・さちこ 管理栄養士、料理研究家。福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。これまでの著書は345冊、計740万部。

空飛ぶ料理研究家 村上祥子のホームページ

http://www.murakami-s.jp/

この記事は『毎日が発見』2019年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP