「いい人」に伝えたい「悪夢のような現実」を変える考え方

上手に気遣いしながら、つい「いい人」になって、ツラくなってしまっている人いませんか? そこで、カウンセリング歴25年、8万件を超える臨床経験のカリスマ心理カウンセラーの最新作『「ひとりで頑張る自分」を休ませる本』(大嶋信頼/大和書房)のエッセンスを、連載形式でお届け。脳科学と心理学に基づいた「自分中心」になる生き方で、周囲も自分も輝かせる秘訣をご紹介します。

pixta_23239181_S.jpg

世界は自分を中心に回っている

「いい人」は「自分はだれかのために存在していて、そのために生まれてきた」と考える傾向があります。

だから、そんな自分のことを理解して感謝してくれる人を求めて「いい人」になって、いろんな人に尽くしてしまいます。

周りの人はそんな「いい人」を見て「褒められたいからやっている」とか「人から認められたいから『いい人』を演じているだけ」と斜めから見てしまいます。

でも「いい人」の本当の目的は、「相手の幸せ」なんです。

自分が感謝されなくても犠牲になってもいいから少しでも相手が幸せになってほしい、とまじめに願っています。

「いい人」ですから、それがだれにも理解されなくても、自分が関わることで幸せになってほしい、と本気で思ってしまうんです。

ところが「いい人」が自分を犠牲にして相手を助けても、「相手はちっとも幸せにならない」という現実がそこにあります。

しかも、幸せになるどころかどんどん問題が大きくなってしまいます。

すると「いい人」は、さらに自分を犠牲にして相手のために尽くします。「自分が関わることで相手が幸せになる」と信じているから、相手が不幸になっていけばいくほど自分のことを責めてしまいます。

「自分の関わり方が悪いんだ」とか「自分の力が足りないからいけないんだ」と、まるで相手の不幸の原因が自分にあるように感じて、自分を責めて自己肯定感を下げてしまうんです。

一般の人からすると「思いあがっている」とか「自分の関わり方のせいで相手が不幸になっているなんて思い込み」と見えます。

でも、関わり方が悪くて相手が不幸になってしまう、というのは実は思い込みではありません。

その人の世界は、その人を中心に回っています。

自分を中心に世界が回っているのに、その軸を「相手」にした場合、自分の世界が歪んでしまうから「不幸な現実」というものが作られてしまう。

「助けてあげたい」と思った相手も、その人にとっての世界の中心であるのだから、その人のために世界は回っています。

ところが「いい人」が「あの人のために」と相手の立場と気持ちになって考えることで、本来世界は自分のために回っているはずなのに、相手の中心もずれてしまって「世界が歪む」という感じで、悪夢のような現実に変わっていってしまう。

だったら「いい人」はどうしたらいいの?となります。

そんな時に「世界は自分のために回っている」と思えばいい。

pixta_40647255_S.jpg

周りにいる人、困っているように見える人、すべて自分を幸せにしてくれるために存在している。

だから、「いい人」は手を差し伸べる必要がありません。

「周りにいる人たちは自分のためにどんな素敵な世界を見せてくれるのだろう?」と楽しみにしていればいい。

「いい人」が主役で、あとはみんな自分の幸せのために用意されている人たち。

そして「いい人」の軸を周りの人じゃなくて自分自身にシフトした時に、世界は自分のために回っている、が実際に起こって周りの人が幸せになっていきます。

「いい人」をやっていた時は変わらなかった悪夢のような現実が、世界の中心を自分にした時に、すべてが整っていき、みんなが幸せになっていく美しい現実の世界に変わっているのです。

「いい人」を抜け出したい人に。その他の記事はこちら!

81zSXNBZEWL.jpg第3章「自己肯定感をジャマする万能感を捨てる」、第6章「『嫌われる』が怖くなくなる」など、「いい人」をやめたくてもやめられない人のための「目からなうろこ」のメソッドで、心が晴れる一冊です

 

大嶋信頼(おおしま・のぶより)

心理カウンセラー、株式会社インサイト・カウンセリング代表取締役。ブリーフ・セラピーのFAP療法(Free from Anxiety Program)を開発し、トラウマのみならず多くの症例を治療している。カウンセリング歴25年、臨床経験のべ8万件以上。著作は累計45万部を超える、今もっとも人気のカウンセラーのひとり。

81zSXNBZEWL.jpg

『「ひとりで頑張る自分」を休ませる本』

(大嶋信頼/大和書房)

「困ってる人を助けたい」「こっそり皆を支えてる」「つい人の気持ちを察してしまう」。相手のことばかり考えすぎて疲れてしまったり、自分中心に生きられない「いい人」へ。その仕組みを知ってちょっとしたコツを掴むことで、自由に生きられるヒントを与えてくれる話題の一冊です。

※この記事は『「ひとりで頑張る自分」を休ませる本』(大嶋信頼/大和書房)からの抜粋です。
PAGE TOP