アプリや100均を活用!「書類整理」5つの最新アイデア

「どの書類を残して、何を捨てたらいいのか分からない」「必要なとき探さずに取り出したい」「整理してもすぐたまって散乱してしまう」。書類の整理でそんな悩みをお持ちではありませんか? 今回は片づけアドバイザーの石阪京子さんに、アプリなどを使った「書類整理の最新アイデア」をお聞きしました。

pixta_54505001_S.jpg

■アイデア1
型番を入力すると家電の取扱説明書が閲覧できる

「トリセツ」というアプリに型番を入れるだけで、取扱説明書が検索され、登録が可能。スマホで読むことができます。最新の商品だけでなく旧型も大部分をカバー。これで分厚い取扱説明書も処分できます。1907p045_1.jpg

■アイデア2

ポイントカードはアプリに登録。持ち歩かなくてOK

ポイントカードアプリ「Stocard」に各カードのバーコード番号を入力。登録されたバーコードを店頭で見せるとポイントが加算されます。たくさんのショップカードを持ち歩かなくて済みます。1907p045_2.jpg

※店舗によってはアプリでの利用を禁止しているところもあります

■アイデア3
忘れがちな「お薬手帳」はアプリで管理する

おすすめは「EPARKお薬手帳」というアプリ。個人情報を登録すると、処方箋の履歴を記録できるほか、アプリで調剤の予約ができる、希望の薬局で薬を受け取れるというサービスも。薬局での待ち時間も短縮。1907p045_3.jpg

■アイデア4

100円ショップのポーチを活用し「通院セット」を作る

頻繁に通院している場合は、健康保険証と診察券、おくすり手帳を1セットにしてポーチなどにまとめておくのも一案です。診療明細書なども、四つ折りなどにして入れておき、月末に整理します。1907p045_5.jpg

■アイデア5

アルバムをそのまま送るとデジタル化してくれるサービスがある

写真のデジタル化とは、写真をスマホやパソコンなどで見られるようにすること。「節
目写真館」はアルバムをそのまま送るだけという手続きの簡単さが好評。かさばりがちなアルバムを処分。家の中もスッキリ!1907p045_4.jpg

これで悩まない! その他の「書類の整理」記事はこちら

取材・文/峰岸美帆 イラスト/わかばやしたえこ

 

石阪京子(いしざか・きょうこ)さん

片づけアドバイザー。宅地建物取引士。独自の片づけ指導は「一度片づけをしたらリバウンドしない」と話題に。著書に『たった1つの場所を片づければ一生散らからない』(KADOKAWA)など。

この記事は『毎日が発見』2019年7月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP