和紙は物理的、洋紙は科学的に作られる/すごい技術

pixta_13939504_S.jpg私たちは毎日身のまわりの「便利なモノ」のおかげで快適に暮らしています。でもそれらがどういう仕組みなのか、よく知らないままにお付き合いしていませんか?

身近なモノに秘められた"感動もの"の技術をわかりやすく解説します!

◇◇◇

前の記事「黒板とチョークの間には、2種類の摩擦がある/すごい技術(39)」はこちら。

 

●和紙

近年、"特別な紙"として和紙が人気だ。卒業証書や創作折り紙の素材として、伝統紙が再評価されているのだ。

明治時代に入るまで、日本で紙といえば和紙だった。パルプを用いた近代的製紙法が輸入されてから生産は激減したが、それでも和紙の人気は絶えることがない。その独特の風合いが、日本人の心を引きつけるのだろう。例えば、千代紙(ちよがみ)は紋(もん)や柄(がら)で飾られた和紙である。日本の伝統的な折り紙や紙人形の衣装、工芸品の装飾に用いられている。近年では、卒業証書に和紙を利用するのがブームになっている。

紙の製法が日本に伝わったのは、今から1400年近く前の飛鳥(あすか)時代の頃だ。それから改良が加えられ、現在の和紙に至っている。

 

gijutsu_p375.jpg

和紙は現在大量に流通する紙(洋紙)とどこが違うのだろうか。どちらも植物から繊維質を取り出して抄(す)くことは同じだ。違いはその繊維の取り出し方にある。

和紙作りは、原料を煮て繊維を取り出し、叩(たた)いてほぐし、網ですくい上げ(これを抄くという)、乾燥させる。それに対して、現代の洋紙作りは木材を機械的にすりつぶし、薬品を加えて煮て植物繊維を取り出すのが主流だ。和紙はどちらかというと物理的に、洋紙は化学的に作られるのである。

この製造法からわかるように、和紙は繊維が長く、丈夫で劣化が少なく、保存性に優れている。それに比べ、洋紙は繊維が緻密で大量生産に向き、品質が均一で加工が容易だ。

ところで、紙はなぜ折ったり破ったりできるのだろう。それは原料の植物繊維が絡み合い、本来持っている接着力(水素結合という)でくっついてできているからだ。このくっつく力は物を近づけると生まれる力で、強くはない。紙が折ったり破ったりできるのは、ここに理由がある。強い力で結合しているなら、ガラスのように折ると壊れてしまう(この弱さを補強するために、製紙の際に糊成分を添加する)。

紙を水に浸すと弱くなってバラバラになる性質も、この結合の弱さで説明がつく。弱い結合は水でほぐされ、繊維同士がバラバラになるためだ。

 

次の記事「インクジェット用紙は「化粧」によって種類が異なる/すごい技術(41)」はこちら。

「すごい技術」その他の記事はこちら。

涌井良幸(わくい・よしゆき)

1950年、東京都生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)数学科を卒業後、千葉県立高等学校の教職に就く。教職退職後の現在は著作活動に専念している。貞美の実兄。

涌井貞美(わくい・さだみ)

1952年、東京都生まれ。東京大学理学系研究科修士課程修了後、富士通に就職。その後、神奈川県立高等学校教員を経て、サイエンスライターとして独立。現在は書籍や雑誌の執筆を中心に活動している。良幸の実弟。


71wldThg5lL.jpg

『身のまわりのすごい技術大百科』

(涌井良幸・涌井貞美/KADOKAWA)

身近なモノに秘められた“感動もの”の技術、一挙解説! 身近な文具から、便利すぎるハイテク機器まで…あれもこれも、すべて「科学技術」の結晶なのです。日ごろよく使う「モノ」の“すごい技術”を図解でわかりやすく解説します。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事は書籍『身のまわりのすごい技術大百科』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP