クエン酸と梅の健康効果たっぷり!村上祥子さん式の「梅しょうゆ」の作り方

各種のミネラルやβカロテン、ビタミンCなどを豊富に含む「梅」。レモンと並んでクエン酸の含有量が高く、疲労回復効果も絶大です。今回は、管理栄養士で料理研究家の村上祥子さんに教えていただいた「村上式・梅しょうゆ」の作り方と、梅しょうゆの「ちょい足し活用法」をご紹介します。

村上式・梅しょうゆの作り方

2006_p035_05.jpg

梅の爽やかな風味にみりんのマイルドさが加わった梅しょうゆは、テーブル用として大活躍。

減塩にも役立ちます。

冷凍梅と電子レンジを使えば、漬け込み半日で梅のエキスがしょうゆに浸出します。

材料(450ml瓶1本分)

冷凍梅...100g
しょうゆ...200ml
みりん...50ml

2006_p035_01.jpg

作り方

① 瓶に梅を入れ、しょうゆとみりんも注ぐ。

2006_p035_02.jpg

② ふたはしないで電子レンジ600Wで30秒加熱する。

2006_p035_03.jpg

③浮き上がり防止にラップをじかにかぶせ、ふたをする。常温に12時間おいたらできあがり。

2006_p035_04.jpg

●冷蔵で1年間保存可能

「梅しょうゆ」ちょい足し活用

いつものしょうゆの代わりに梅しょうゆを使えば、クエン酸と梅の健康効果を得られます。

2006_p035_06.jpg

ところてんに

2006_p035_07.jpg

刺身やたたきのつけじょうゆに

2006_p035_08.jpg

すまし汁に

2006_p035_09.jpg

納豆に

2006_p035_10.jpg

卵焼きに加えても、大根おろしにたらしても

【まとめ読み】特集「まろやか梅酢&梅しょうゆ」

取材・文/石井美佐 撮影/スタジオCOM(中野正景・江口 拓)

 

管理栄養士 料理研究家
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん
福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

shoei.jpg

『村上祥子のシニア料理教室』

(村上祥子/女子栄養大学出版部)

1,300円+税

月に一回開かれるシニア向け料理教室で人気のメニューが満載。「これならできる!」「食べやすい!」と生徒さんたちに大好評の130のレシピを公開しています。

この記事は『毎日が発見』2020年6月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP