「キッチン収納」は、限られたスペースをいかに有効活用できるかがカギ

なぜかどんどん増えていく、家の中のもの。整理収納アドバイザーのおさよさん、清水幸子さんの2人に、簡単にできる収納のアイデアを教えてもらいました。
実は収納グッズの使い方一つで、困りものの収納はほぼ解決すると言います。

「定番ですが、つっぱり棒やS字フックでつるす収納はおすすめ。場所を取らず簡単に片付けられます」(おさよさん)。

「書類から食器、洗剤まで万能に収納できるのがファイルボックス。事務用品ですが、あらゆる場所で使いやすいんです」(清水さん)。
これらは100円均一店(以降、100均)、ホームセンターなどで簡単に入手できるものばかり。さっそく試してみましょう。

前の記事「おなじみの100均グッズも大活用! 「ごちゃごちゃリビング」を整理する(2)」はこちら。

 

とにかくものが多い「キッチン」編

スペースは限られているので、いまあるスペースを最大限に生かすことがポイント。グッズを使ってムダなくコンパクトに物をまとめるとすっきり片付きます。

食器が出しにくいんです ▶▶▶ ケース使い&立てる収納で見やすく
手が届きにくい高い場所や細かいものはケースに入れると出し入れがスムーズ。頭の上なので重いものは避け、小さいもの、細かいもの、軽いものを入れましょう。
1805p018_01.jpg

 

皿などはファイルスタンドに立てれば省スペースに。ボックスの背を下にし、内底にすべり止めシートを敷くと、転がらず安全に1枚ずつ取れます。(清水)
1805p018_02.jpg 

気付くと食材がすぐ賞味期限切れに... ▶▶▶ "すぐ食べるボックス"で見逃しゼロ!
冷蔵庫の手の届きやすい場所にプラカゴを入れて、賞味期限が近いものを移動。そのカゴのものは優先的に食べるルールにします。(おさよ)
1805p019_01.jpg

 

冷凍食品はファスナー付きの保存袋に。口を折ってダブルクリップで留め、中身をテープに書いて貼っておくと使い忘れません。(おさよ)
1805p019_02.jpg 

収納スペースが足りません ▶▶▶ フックとプラカゴで扉裏に収納スペースを
扉裏に粘着フックを貼ってプラカゴを引っ掛ければ、たちまち収納力アップ! ポリ袋や保存容器など軽くてかさばるものがしまえます。後ろに穴が開いているカゴを選ぶと、フックに簡単に引っ掛けられるので手間いらずです。(清水)

1805p019_03.jpg

  

次の記事「狭い「サニタリー」はグッズを使って収納場所を増やす!(4)」はこちら。

取材・文/佐藤由香 撮影/戸高慶一郎、福島章公

おさよ さん

整理収納アドバイザー。写真投稿アプリ「インスタグラム」に投稿した家事術が話題に。著書は『家事ぐせ』(主婦の友社)。

清水幸子(しみず・さちこ)さん

整理収納アドバイザー。11回の引っ越しを経験し、どんな家でも片付く収納術を体得。身近なものを使った簡単アイデアが好評。

この記事は『毎日が発見』2018年5月号に掲載の情報です。
PAGE TOP