「寅さん」がスクリーンに復活!? 「男はつらいよ」最新作が公開!!

12月27日(金)映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』全国ロードショー

映画『男はつらいよ』の第一作が作られてから今年で50年。

高度成長期の日本各地を旅しながら、独特のユーモアで多くの人を元気づけた寅さん、は1983年に一人の俳優が演じたもっとも長い映画シリーズとしてギネスブックにも認定されました。

50周年の今年はドラマ「少年寅次郎」(NHK)が放送されるなどさまざまな記念事業が行われ、12月には50作目の映画『男はつらいよ お帰り 寅さん」が公開されます。

1912p008_01.jpg

50作目となる新作は新撮された登場人物たちの"いま"を描く映像と、4Kデジタル修復されて蘇る寅さんのシリーズ映像が紡ぎ合う、新たなる「男はつらいよ」の物語。

シリーズの生みの親・山田洋次監督の編集とあって、選ばれるシーンも絶妙。

例えば、さくら(倍賞千恵子)の結婚。その相談に応じる寅さん独特の切り返しは、いま見ても笑わずにいられません。

また、シリーズ最多登場のマドンナ、リリー (浅丘ルリ子)も登場。

夫婦のように暮らしながら、結局、結婚には至らなかった寅さんとリリー。

その思い出を語るリリーに、見ている私たちも「そういうところが寅さんなんだよねぇ...」と思わずしみじみ。

1912p009_06.jpg

寅さんが幼い満男にこんなことを聞かれる場面も。

「おじさん、人間は何のために生きているの?」

その味わい深い答えは、きっといまの私たちの心もジーンと温めてくれることでしょう。

寅さんのプロフィール

車寅次郎、通称"フーテンの寅"が誕生したのは1968(昭和43)年のテレビドラマ(翌年1作目の映画公開)。テキヤ稼業を営み、旅先から故郷の柴又に帰ってきては、家族や恋したマドンナを巻き込み、騒ぎを起こす。破天荒で、変わり者で、自由奔放。それでも、温かく優しい人柄に誰もが魅了され、愛され続けました。

1912p009_01.jpg

ストーリー

小説家になった満男(吉岡秀隆)は、結婚の約束までした初恋の人・イズミ(後藤久美子)と再会。懐かしい出会いから、過去の出来事を思い出す。そこには、いつも味方でいてくれた伯父・寅次郎(渥美清)がいたーー。

笑いと涙に包まれる現在の"寅さんファミリー"

ちょっと頼りなかった満男(吉岡秀隆)もいまや一児の父。

祖父母となったさくら(倍賞千恵子)と博(前田吟)、タコ社長の娘・朱美(美保純)など、おなじみのメンバーが次々に登場。

50年の時の流れが感慨深いです。

1912p009_02.jpg1912p009_03.jpg1912p009_04.jpg
1912p009_07.jpg1912p009_05.jpg懐かしい顔、懐かしいシーンがいっぱい

1912p009_08.jpg

上の写真は、さくらが博との結婚に至るまでのワンシーン。

下の写真は、寅さん(渥美清)が小学生の満男の運動会に応援に行くと張り切る場面。

この後、なごやかな団らんの場は大変なことになりますが......!?

1912p009_09.jpg1912p009_10.jpg1912p009_11.jpg1912p009_12.jpg男はつらいよ4Kデジタル修復版ブルーレイ

12月25日(水)リリース

1912p009_13.jpg復刻"寅(とら)んく"全巻ボックス(51枚組)

【完全数量限定生産】発売・販売元:松竹

寅さんが恋した女性たち《マドンナ》も多数登場!

1912p009_15.jpg1912p009_14.jpg1912p009_18.jpg1912p009_17.jpg1912p009_16.jpg

『男はつらいよ」シリーズに2回以上登場し印象的だったマドンナたち。

上より9作(1972年):吉永小百合、25作(1980年):浅丘ルリ子、27作(1981年) : 松坂慶子、32作(1983年): 竹下景子、34作(1984年):大原麗子。

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』

渥美 清/倍賞千恵子 吉岡秀隆 後藤久美子 前田吟 池脇千鶴 夏木マリ 浅丘ルリ子 美保純 佐藤蛾次郎 桜田ひより 北山雅康 カンニング竹山 濱田マリ 出川哲朗 松野太紀 林家たま平 立川志らく 小林稔侍 笹野高史 橋爪功

原作・監督:山田洋次 脚本:山田洋次 朝原雄三
音楽:山本直純 山本純ノ介
主題歌:「男はつらいよ」渥美清/オープニング桑田佳祐
配給:松竹株式会社上映時間:115分
©2019松竹株式会社

プレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』放送!

2020年1月5日スタート
日曜 22:00~22:49 全4回(BSプレミアム)

1912p009_19.jpg1912p009_20.jpg『男はつらいよ』の舞台を現代の大阪に変え、山田洋次監督が新しい寅さん像を着想したドラマ「贋作 男はつらいよ』が放送されます。

寅さんを演じるのは、関西の落語家・桂雀々(かつらじゃくじゃく)さん。

妹のさくら役は常盤貴子さん。みんなが大阪弁をしゃべるという設定が想像を超え、ワクワクします。
※原作:山田洋次『男はつらいよ』 脚本:山田洋次、朝原雄三(共同脚本)

出演:桂雀々、常盤貴子、綾田俊樹、松寺千恵美、北山雅康、笹野高史 ほか

 
この記事は『毎日が発見』2019年12月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP