ユーモア満載の「土佐日記」...実は「泣ける作品」だとご存知ですか?

教養として学んでおきたい「日本史」。でも「少しはみ出したエピソード」を知っておくと、とたんに話題が豊かになるかもしれません。そこで、オンライン予備校「スタディサプリ」の人気講師である伊藤賀一さんの著書『笑う日本史』(KADOKAWA)より、面白くてためになる、そんな日本史の話をご紹介します。

pixta_32493075_S.jpg

オネエ文体にもギャグにも深い意味
笑いに隠された『土佐日記』涙の真実

『土佐日記』は、紀貫之(きのつらゆき)が国司を務めていた土佐国(現在の高知県)から京に帰る最中に起きた出来事を、おもしろおかしく綴った平安時代の日記文学です。

この作品は、仮名文字で書かれた初の日記ですが、当時、貴族たちの宮中文書(もんじょ)などに使われていた真名(漢字)に対し、仮名(カタカナ・ひらがな)は女性が主に使っており、漢字を「男手」、ひらがなを「女手」と言うこともあります。つまり『土佐日記』は、女性目線で書かれているんです。

ここで浮上してくるのが、紀貫之=オネエ疑惑ですが、彼はそんなつもりで書いたわけじゃありませんでした。オネエ言葉は、本人のクセでもギャグでもないんです。『土佐日記』は、全編を通して子を失った悲しみがあふれています。じつは、紀貫之夫妻は赴任先の土佐で愛娘を失っているんです。その悲しみがあまりに深く現実を直視しづらいため、自身の日記という形にはできず、第三者の侍女が書いた体裁にしました。

作中には何度も娘の話題が登場し、思い出しては落ち込んでいます。子がない状態で土佐に行った従者たちは、帰京時には子を連れている。なのに、自分たち夫婦は逆に子を失ってしまった......。それを侍女の目線で述懐しています。ギャグを織り交ぜているのも、おそらくは悲しさを忘れるため。

特筆シーンは、京に帰ってきた場面。

数年間の留守中に屋敷の管理を頼んでおいた隣人が完全に怠っていて、荒れ果ててしまった。そんな屋敷の庭で、亡くした子どもが毬(まり)遊びをしていたことを思い出し、夫婦でむせび泣く。ここが『土佐日記』のハイライト。旅の道中よりも、到着後にこそこの作品の真髄がある。娘を失っただけでなく、隣人にも見放されてしまった。そして、自身は次の官職が決まっていない。華やかな京の都にあって、寄る辺ない夫婦の哀愁が感じられます。

紀貫之は文才が群を抜いていたので、編者として参加した『古今和歌集』序文のうち仮名のもの(仮名序)を任されてもいます。それほどの人だからこそ、『土佐日記』では悲しみを笑いに昇華できた。こんなに泣ける作品はありません。ぜひ読んでみてください。

<MEMO>
紀貫之(きのつらゆき―生年諸説あり~945年)
935年ごろに書かれたとされる『土佐日記』は、完本として伝わる日本日記文学としては最古。『古今和歌集』以下の勅撰和歌集には400首を超える和歌が入っており、当時、歌人としては最大級の敬意が払われていた。

その他の「笑う日本史」記事リストはこちら!

cover.jpg縄文時代~平成に至るまで100の「笑える」エピソードを網羅!「合コンは古代から行われていた?」(弥生~古墳時代)、「森鴎外は極度の潔癖症で、超斬新な饅頭の食べ方をしていた」(明治~大正時代)など、つい誰かに話したくなるエピソードが満載です

 

伊藤賀一(いとう・がいち)

1972年京都生まれ。新選組で知られる壬生に育つ。洛南高校・法政大学文学部史学科卒業後、東進ハイスクールを経て、現在、リクルート運営のオンライン予備校「スタディサプリ」で高校倫理・政治経済・現代社会・日本史、中学地理・歴史・公民の7科目を担当。43歳で一般受験し、現在、早稲田大学教育学部生涯教育専修4年に在学中。著書・監修書に『世界一おもしろい日本史の授業』『「カゲロウデイズ」で中学歴史が面白いほどわかる本』『すごい哲学』(いずれもKADOKAWA)などがある。


5a2096c24889b9e3d4003710119b646796e72f8d.jpg

『笑う日本史』

(伊藤賀一/KADOKAWA)

「武田信玄が重臣に宛てたガチ恋ラブレターの現代語訳」「じつは戦に弱かった織田信長」「そんなに暴れん坊じゃなかった徳川吉宗」「西郷隆盛像と傍らにいるイヌのツンの作者は別人だった」など、意外と知らない「笑える日本史」を、スタディサプリの人気講師・伊藤賀一が紹介。「史実は小説より奇なり!」という言葉がぴったりの、笑えて教養も身につく注目の一冊です。

※この記事は『笑う日本史』(伊藤賀一/KADOKAWA)からの抜粋です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP