あなたの人生は上り坂?下り坂?「イマイチなときに効く思想家・老子」の魅力

「いつも自分を人と比べてしまう」「自分は損ばかりしている」。そんな想いで日々モヤモヤしている方、いませんか? そんなときにぜひ知ってほしいのが、今から2500年も前の中国の思想家・老子の言葉。45年間で10万人を診察した精神科医が、その老子の言葉を「意訳」ならぬ「医訳」をしてわかりやすく解説して話題の書籍から「ジャッジフリー」な考え方を連載形式でお届けします。

※この記事は『人生に、上下も勝ち負けもありません 精神科医が教える老子の言葉』(野村総一郎/文響社)からの抜粋です。

pixta_2604995_S.jpg前の記事「10万人を診た精神科医が勧める「ジャッジフリー」の心得/人生に、上下も勝ち負けもありません(1)」はこちら。

元気なときの孔子(こうし)、いまいちなときの老子

老子が活躍した古代中国の春秋戦国時代というのは、まさに世紀の動乱期で、さまざまな価値観、思想が噴出した時代でもありました。

その時代を代表する思想家が、孔子と老子です。
似たような名前ですが、考え方は正反対といってもいいくらい違っていて、その二人を対比した表現に「上り坂の儒家(じゅか)、下り坂の老荘(ろうそう)」という言葉があるほどです。

まず「儒家」とは儒教、孔子の教えであり、「老荘」とは老子哲学のことです。
「老荘」の「老」とは老子のこと、そして「荘」とは、同じく古代中国の思想家「荘子(そうし)」のことです。荘子は老子哲学を継承しているので、広い意味で「老荘=老子哲学」と言って差し支えないと思います。

孔子の教え、すなわち『論語』というのは、社会の中で生きる術を書いたもの。礼儀を重んじ、自らを厳しく戒めるような思想です。

一方、老子はそんな社会の外側に立って「まあまあ、それでいいじゃないか」という考え方なのです。

ですから、人生が上り坂でイケイケのとき、物事がうまく運んでいるときは、孔子の教えに従って、厳しめに自らを律していくとよい。しかし、人生が下り坂で、いまいち元気がない。そんなふうに行き詰まっているときは、老子特有の「ゆるさ」や「自由気ままさ」に寄り添ってみてはどうか。

それが「上り坂の儒家、下り坂の老荘」という言葉の意味です。
もし今、あなたの人生が上り坂の時期だとしたら、今すぐ『論語』の本を読み始めることをおすすめします。

しかし、もしもう一つ元気がない、今の境遇をなんとかしたいと悩み、苦しんでいるとしたら、ぜひ今回の連載を読んでみてください。

 

その他の「人生に、上下も勝ち負けもありません」記事リストはこちら!

81GX7X+tu0L.jpg

老子の32の言葉を、わかりやすく優しい視点で解説。元気が出ます!

 

 

野村総一郎(のむら・そういちろう)

医学博士。元防衛医科大学校病院長。1949年生まれ。慶應義塾大学医学部を卒業後、テキサス大学、メイヨー医科大学に留学。。帰国後、藤田保健衛生大学精神医学室助教授、国家公務員共済組合連合会立川病院神経科部長。そして、平成9年に防衛医科大学校教授、平成24年に防衛医科大学校病院病院長に就任、現在は六番町メンタルクリニックの院長として、仕事や人間関係に悩む人の相談、カウンセリングを行っている。また平成18年より読売新聞の人生案内での回答者も務める。


81GX7X+tu0L.jpg

『人生に、上下も勝ち負けもありません 精神科医が教える老子の言葉』

(野村総一郎/文響社)

「ある日、患者さんにポロッと老子の言葉を話すと、泣き出してしまったのです」。読売新聞「人生案内」の回答者であり、45年間で10万人を診察した精神科医が紹介するのは、2500年の時を超えたいまなおみずみずしい「老子」の言葉の数々。優しい視点とわかりやすい解説による「32の思考」を紹介し、発売後即重版となった話題の一冊です。

この記事は書籍『人生に、上下も勝ち負けもありません 精神科医が教える老子の言葉』からの抜粋です
PAGE TOP