人は3原色、魚は2原色、鳥は...4原色! 極彩色の世界に生きる鳥たち/身近な科学

さまざまな生物のすぐれた能力。私たちの暮らす地球の驚くべき事実。メディアをにぎわせる「最新科学」のニュース。驚くべき速さで進歩するITの話題。世の中には、学校では教わらなかった現代科学の話題があふれています。

職場で、学校で、家庭で。明日の雑談のネタにピッタリな、知っておくと自慢できる「科学の雑学」をお届け!

※この記事は『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』(涌井貞美/KADOKAWA)からの抜粋です。

pixta_37711354_S.jpg前の記事「かなたの星も裸眼でキャッチ。人間の目に備わった奇蹟の感知能力/身近な科学(12)」はこちら。

 

人間とは違う極彩色が見えている!?
鳥が見る「色」は4原色だった

テレビ画面は、R(赤)、G(緑)、B(青)の3色を組み合わせて色を表現しますが、これを光の3原色といいます。ところで、もしも人間以外の動物がテレビをつくるとしたら、やはり3原色で表現するのでしょうか。

答えは「ノー」です。魚がつくるならR、Bの2原色、鳥の多くはなんとRGBと紫外領域(しがいりょういき)の光を合わせた4原色なのです。鳥がテレビ局をつくったなら、放送される映像は極彩色できらびやかな色合いになるでしょう。

p041.jpg

 

網膜にある視(し)細胞には、桿体(かんたい)細胞と錐体(すいたい)細胞があり、色を区別する錐体細胞には、色 [つまり光の波長(はちょう)]ごとに感度の異なる種類があります。たとえば人なら赤、緑、青に強く反応する3種の錐体細胞があり、色が3原色になる理由になります。

関連記事:「かなたの星も裸眼でキャッチ。人間の目に備わった奇蹟の感知能力/身近な科学(12)」

つまり、鳥は4つ、魚は2つの異なる種類の錐体細胞があるということです。

人間の中にも4原色を見分けられる人がいるといわれます。そのような人の描く絵はきらびやかですが、一般の人が鑑賞できるところを見ると偽(いつわ)りのようにも感じます。

 

次の記事「タマムシ、シャボン玉、CD 。虹色に輝くものの共通点とは?/身近な科学(14)」はこちら。

 

涌井貞美(わくい さだみ)

1952年、東京都生まれ。東京大学理学系研究科修士課程修了後、富士通に就職。その後、神奈川県立高等学校教員を経て、サイエンスライターとして独立。現在は書籍や雑誌の執筆を中心に活動している。著書は、『図解 身近な科学 信じられない本当の話』『雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科』(以上KADOKAWA)、『Excelでわかるディープラーニング超入門』『ディープラーニングがわかる数学入門』(以上、技術評論社)、『「物理・化学」の法則・原理・公式がまとめてわかる事典』(ベレ出版)、『図解・ベイズ統計「超」入門』(SBクリエイティブ)など多数。

610957773744e1380612f9b4fc0a9d258e0d707f.jpg

『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』

(涌井貞美/KADOKAWA)

動植物、天体から物理、統計学まで。知っておくべき科学の基本や、現代科学を読み解くのに必要な知識について、身近な例を挙げながらやさしく解説! わかりやすい図解(イラスト・写真)つきなので、学生から年配層まで、科学全般の知識が浅い読者でもとっつきやすく、「科学の教養」が身につけられる100項目を提供する内容です。

この記事は書籍『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』からの抜粋です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP