老眼の進行を防ぎたい! それなら抗酸化作用が高い栄養素がおすすめです/「ツボ押し」で目の不調を解消

pixta_38632959_S.jpgスマホやPCの見すぎで、目のトラブルを抱える人は年々増えています。

本書『1日3回ツボを押すだけで目はすぐによくなる! 』では、近視・老眼・疲れ目・ドライアイなどの目の悩みを解消する「ツボ押し」法を紹介。
休憩時間などの空き時間に「ツボ押し」して、ツライ目の悩みを解消しましょう!

◇◇◇

前の記事「頭痛も緩和できる! 老眼に聞くツボ押しはこの4通り/「ツボ押し」で目の不調を解消(8)」はこちら。

 

老眼に効く栄養素
~抗酸化作用のある栄養素を摂って老眼の進行を防ぎましょう~

老眼は、体が酸化する老化現象のひとつです。老化を引き起こす原因となる活性酸素から体を守るには、細胞の老化を防ぐ栄養素を摂取する必要があります。それには抗酸化作用のある栄養素が効果的です。

とくに抗酸化作用が高いビタミンCは、老眼の緩和に効果的だといわれています。
水に溶けやすいうえに、熱にも弱いのがビタミンCの性質です。なるべく調理せずに摂りましょう。

ビタミンEは、ビタミンCと同様に抗酸化作用の高い栄養素ですが、活性酸素と結びついて細胞を酸化から守ると、効力を失ってしまいます。そこで登場するのが、ビタミンCです。ビタミンCにはビタミンEをふたたび活性化させる働きがあるので、いっしょに摂ることで抗酸化作用が高まります。

ビタミンB群も抗酸化作用が高く、老眼に効果的な栄養素なので、積極的に摂取しましょう。

 

カロテノイド系の色素が効く

ビタミンのほかにも、抗酸化作用の高い栄養素には、カロテノイド系の赤い色素(アスタキサンチンやルテイン、ゼアキサンチンなど)やセレンがあります。

なかでもアスタキサンチンの抗酸化作用は、ビタミンEの1000倍ともいわれています。
それぞれの栄養素を多く含む食べ物は、こちらで紹介しています。

 

次の記事「「歩きスマホ」は目の健康にも悪影響です/「ツボ押し」で目の不調を解消(10)」はこちら。

森岡清史(もりおか・きよし)

医学博士。吉祥寺森岡眼科院長。浜松医科大学医学部卒業後、東京大学大学院医学系研究科にて網膜色素上皮細胞の研究(微細形態)に従事。東京大学大学院を修了。医学博士取得。日本眼科学会眼科専門医に認定。東京医科大学病院眼科勤務、田無第一病院(現・西東京中央総合病院)眼科医長を経た後、吉祥寺森岡眼科を開設。全国でも数少ない眼精疲労治療室を併設して、東洋医学の考え方を取り入れた専門的な治療にもあたっており、今までにのべ15万人以上の患者を診てきている。

71fzm90Jb4L.jpg

『1日3回ツボを押すだけで目はすぐによくなる! 』
(森岡清史/KADOKAWA)


中高年の老眼はもちろん、スマホなどの普及で目にトラブルを抱える人は年々増加しています。現代人が抱える近視・老眼・疲れ目・ドライアイなど目の悩みを解消する「ツボ押し」法をメインに、名医がわかりやすく解説。ひと目でわかるツボ押しマップ付き。

この記事は書籍 『1日3回ツボを押すだけで目はすぐによくなる!』からの抜粋です

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP