肝臓の脂肪は万病のもと...自覚症状ゼロだから怖い「肝脂肪」のタイプを理解しよう

肝臓に中性脂肪が過剰にたまる肝脂肪。患者数は推定約3000万人で、4人に1人と言われています。そこで肝臓のダイエットを始めてみませんか。肝臓ダイエットを始める前に、まずは肝臓の状態を確認しましょう。栗原クリニック東京・日本橋院長の栗原 毅(くりはら・たけし)先生に、「肝脂肪のタイプ」についてお聞きしました。

【前回】血圧も血糖値も下がる肝臓ダイエット。まずは「肝臓の健康度」をチェックしよう!

2201-48jpg.jpg

4人に1人が脂肪肝
食事、運動で改善を

肝臓に中性脂肪が過剰にたまる脂肪肝。

患者数は推定約3000万人、なんと4人に1人といわれています。

肝臓の健康度を知るチェックで、一つでも該当した人は、すでに脂肪肝が始まっているかもしれません。

脂肪肝は放置すると、肝硬変や肝がんへと進行する恐ろしい病気です。

「近年、高血圧や糖尿病、腎臓病、心筋梗塞や脳梗塞、歯周病といった生活習慣病の前兆として、脂肪肝が現れることが明らかになっています。脂肪肝を防ぐことは、生活習慣病の深刻化予防にもつながります」と、栗原毅先生。

脂肪肝というと、「お酒を飲まないから関係ない」と思っている方がいますが、これは大きな誤解です。

お酒を飲まないにもかかわらず脂肪肝になる人の場合、糖質の摂り過ぎが主な原因。

実は、日本人の脂肪肝で多いのはこちらのタイプで、進行すると、NASHと呼ばれる非アルコール性脂肪肝炎を引き起こします。

「脂肪肝の原因は、糖質の多い食事や運動不足、早食いといった悪い習慣。これらを見直すことで、自力でラクに改善できます」(栗原先生)。

2201_15_01.jpg

脂肪肝を改善するには?

▷よく嚙んでゆっくり食べる

▷糖質を少し減らす

▷食べる順番はたんぱく質から

▷ちょっとだけ運動する


しかし、脂肪肝がやっかいなのは自覚症状がないことだと栗原先生。

だからこそ注意したいことを伺いました。

「健康診断や血液検査を受けたら、肝臓の健康度を知るALT、AST、γ-GTPの数値を真っ先に確認して、常に肝臓の状態を把握しておくことが大切です。また、内臓脂肪が多い人は特にリスクが高め。お腹回りが大きいのに脂肪がつかめないという人は、早めの対策が必要です」

次からは、栗原先生がおすすめする、脂肪肝を改善する食事や運動法をご紹介します。

取材・文/オフィス・エム(寳田真由美) イラスト/佐藤香苗

 

<教えてくれた人>

栗原クリニック東京・日本橋院長
栗原 毅(くりはら・たけし)先生
北里大学医学部卒業。消化器内科医、日本肝臓学会専門医。東京女子医科大学教授、慶應義塾大学教授などを経て2008年より現職。著書に『図解ですぐわかる 自力でみるみる改善!脂肪肝』(河出書房新社)他。

【毎日が発見ショッピング】「片付けで子どもを救おう古着ボックス」

 

manaita.jpg

断捨離で社会貢献!あなたの「片付け」がワクチン寄付につながります。 洋服や服飾雑貨を送ると開発途上国の子どもにワクチンが届けられる【片付けで子どもを救おう古着ボックス】お買い物割引券付きなのでお得に楽しくお片付けがはかどりますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶詳細はコチラ!

 

この記事は『毎日が発見』2022年1月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP