早歩きと首肩ほぐしで上昇原因をリセット! 血管を広げる「NO体操」で血圧降下へ

脳卒中や心筋梗塞など、さまざまなリスクを秘めた高血圧。「男性よりも女性の方が血圧は低めだから...」と油断をしてはいませんか? 実は更年期以降の女性は高血圧になりやすく、その際のリスクは男性よりも高め。そこで今回は、東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科教授の市原淳弘(いちはら・あつひろ)先生に、血管を広げる「NO体操」を教えてもらいました。

早歩き【1日30分以上(10分×3回でもOK)】

2105_P009_03.jpgNOを増やして血圧を下げるには、ウォーキングも効果的。いつもより少し速いスピードで歩きましょう。一気に歩くのが難しい人は、10分歩きを1日3回行うなど、合計で1日30分以上を目指して。

[これでリセット]
NO産生&血圧降下にはウォーキングなどの有酸素運動が効果的。ポイントは、歩数ではなく"やや速め"に歩くこと。小走りほどのスピードになると、交感神経が活発になって血圧が上がるので注意。

首・肩ほぐし【いつでも何回でも】

[基本姿勢]肩を落とす

両手を腰の後ろで組み(手の甲が下向き)、ひじを伸ばす。胸を開いて両肩を後ろに引き、息を吐きながら腕を下げ、10秒キープ。肩甲骨が内側に寄っていることを意識。

2105_P010_01.jpg

首をゆっくりと回す【左右交互に5回ずつ回す】

右の姿勢のまま、首をゆっくりと右に回す。元の位置に戻ったら、左回しにする。できるだけ大きな円を描くように行う。

2105_P010_02.jpg

肩の力を抜いて~

首の前側をゆっくり伸ばす【10秒】
あごを天井に向けるように上を向き、首の前側を気持ちよく伸ばして10秒キープ。

2105_P010_03.jpg

頭を前に倒し、首の後ろを伸ばす【10秒】
あごを鎖骨につけるイメージで頭を前に倒し、首の後ろ側を伸ばす。そのまま10秒キープ。

2105_P010_04.jpg

[これでリセット]
首の付け根にある延髄には、血圧調節の中枢があります。そのため、首周りが硬くなり、血流が悪くなれば、血圧上昇の原因に。こっているなと思ったら、首周りを動かしてリセットさせましょう。

【まとめ読み】特集「血圧を確実に下げる10の方法」記事リストはこちら!

取材・文/オフィス・エム(寳田真由美) イラスト/熊本奈津子

 

<教えてくれた人>
東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科教授
市原淳弘(いちはら・あつひろ)先生
専門は内分泌疾患全般および高血圧診療。特にホルモン異常による高血圧、閉経期以降の高血圧など。著書、テレビ出演多数。

【毎日が発見ショッピング】めぐりアップ♪さとう式アクティブ系アームカバー

 

satoarm.jpg

佐藤医師の「さとう式リンパケア」理論に基づき開発されたサポーター。身に着けるだけでリンパ間質液の循環を良くするように働きかけ、めぐりアップも促してくれます。良く伸びて締め付け感は少ないのに体がじんわり整ってくる不思議な感覚を味わってみませんか。

▶詳細はコチラ!

この記事は『毎日が発見』2021年5月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP