低いソファから立つのが苦手・・・ならすぐに「バランス能力」をチェック/転ばない体を2カ月でつくる

ちょっと落ちてきてる? バランス能力チェック

では、この「バランス能力の低下」をどう補うかと言うと、ひとつが「足を広げる」ことです。

足を広げると、内側に倒れようとする力を左右から合わせ、安定を保つことができます。

また、支持する面が広いほど、動揺は吸収されます。

ハイヒールを履いたり、足を揃えて立ったりするのは、つまり動揺しやすい姿勢で、若さがなければできないことになります。

とはいえ、無限に足を外に広げるわけにもいきませんよね。

また、歩くときには、体を支える足は1本しかありませんから、広げるというのはそもそもできないことです。

そこで、バランス能力の低下を補うもうひとつの方法が、「他の力を借りる」ことです。

「杖をつく」のはまさしくそうですね。

1本より2本、2本より3本で支えるほうが安定性が高まる。

そういうことです。

立ち上がるときやエスカレーターで立っているときなど「手すりにつかまる」のも、手すりの力を借りて補っているのです。

これらは意識してするというより、無意識にしていることが多いものです。

ここで、ちょっとチェックしてみましょう。

下のチェックシートに、いくつ○がつきますか?

○が1つでもついたら、バランス能力が低下しつつあるかもしれません。

でも大丈夫です。

バランス能力はちょっとしたトレーニングで、十分取り戻せる可能性があります。


●バランス能力チェック

1.背もたれに寄りかかると、いつの間にか寄りかかりが強まり姿勢が崩れる
2.立ち上がるとき、無意識に椅子の肘当てやテーブルを手でつかんでいる
3.低いソファからの立ち上がりが苦手。一度で立てなかった経験がある
4.椅子に座るとき座面を確認したり、手で迎えに行ったりすることが増えた
5.後ろから声をかけられて振り向く際に、ふらついた経験がある
6.床に物を落としたときは、何かにつかまって拾うことが増えた
7.倒れそうになったとき、1歩足を出すのが前より遅れているように感じる
8.杖がないと外出は少し不安だ
9.エスカレーターでは手すりを積極的に握っている
10.床が濡れていると思うと慎重になってしまう
11.浴槽に入るときは手すりを使ったり壁を触ったりすることが増えた
12.靴下を履くとき、寄りかかったり座ったりしないと難しい
13.ズボンを履くとき、立ったままだと不安である
14.高いところにあるものをとるため、つま先立ちするとふらついて難しい
15.食器を下げるとき、両手で持って歩くと箸やスプーンを落としそうで不安なことがある
16.階段の登り下りで足を出す順番やタイミングがずれ、踏み外しそうになったことがある
17.下り坂では小刻みになってしまう
18.階段を降りるとき、無意識に一度速度を落として足を出す
19.自転車の走り出しでぐらついてしまう
20.電車やバスの降車の際、降りる人の波が少し不安だ


【次回】加齢で低下する「バランス能力」の3つの要素/転ばない体を2カ月でつくる

【まとめ読み】『転ばない体を2カ月でつくる』記事リスト

イラスト/中村加代子

173-c.jpg

簡単なトレーニングや環境づくりで転倒は防げる! 医師と理学療法士が6章にわたって「転ばないための体作り」を教えてくれます

 

安保雅博(あぼ・まさひろ)
リハビリテーション科医、医学博士。東京慈恵会医科大学附属病院副院長。リハビリテーション科診療部長。リハビリテーション治療のパイオニア。脳卒中後遺症が専門。重度麻痺に対する筋肉注射のボツリヌス療法は有名。著書に中山氏との共著『寝たきり老後がイヤなら 毎日とにかく歩きなさい! 』『何歳からでも 丸まった背中が2カ月で伸びる! 』(すばる舎)などある。

 

中山恭秀(なかやま・やすひで)
理学療法士、博士(リハビリテーション科学)。東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科技師長。広島大学医学部客員教授。臨床経験28年、あらゆる領域の理学療法を担当。臨床業務や後進の指導に奔走する傍ら、講習会や講演、大学での非常勤講師、連載執筆、所属学会の雑誌編集や論文査読委員、学術大会におけるシンポジストや座長なども積極的に行っている。

shoei.jpg

『家でも外でも「転ばない体」を2カ月でつくる!』

(安保雅博・中山恭秀/すばる舎)

家の中で転倒して骨折、いつの間にか寝たきり生活に……。そんな人生を防ぐために知るべきは、転んでしまう原因と転ばないための対策です。リハビリの専門医と理学療法士が教える転倒のメカニズムと簡単なトレーニング、さらには転ばない生活環境の作り方を学んで、転ばない人生を手に入れてみませんか?

※この記事は『家でも外でも「転ばない体」を2カ月でつくる!』(安保雅博・中山恭秀/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP