認知症の母の「攻撃的な態度」にもう限界!新しい薬を試してみると.../ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

前回の記事:葬儀中に派手なアクセサリー!? 場が読めない母の行動にハラハラ

実母・あーちゃんの攻撃的な態度や、叔母が亡くなったことによる混乱にどう接したら良いのか悩んだ姉のなーにゃんとワフウフは、認知症の薬を処方してくれている、あーちゃんの糖尿病の主治医の先生に相談してみることにしました。

糖尿病の診察が終わった後、姉のなーにゃんがあーちゃんを診察室の外に連れ出し、ワフウフだけがさりげなく診察室に残って先生に相談しました。

Image-15.jpeg

あーちゃんの前で「あーちゃんが認知症である」話をしようものなら、自分が認知症であることを認められないあーちゃんから必死の抵抗にあうのは避けられません。

あーちゃんの認知症がだいぶ進んでしまい、人の話があまり理解出来なくなるまではいつもそうしていました。

主治医の先生は診察の時のお上品でおっとりとしたあーちゃんしか知らないので、あーちゃんの攻撃的な言動を相談するととても驚いていました。

Image-16.jpeg

そして、

Image-17.jpeg

と言って、新しい薬を処方してくれました。

正直薬を増やしたくはありませんでしたが、この頃あーちゃんに接するのがあまりにも大変だったので薬に頼らざるを得ませんでした。

そして、新しく出された薬を調べてみると「中期〜後期の薬」とあり、あーちゃんはもう「認知症中期」の状態なのかとショックではありましたが、

Image-18.jpeg

幸いあーちゃんは新しい薬ととても相性が良かったらしく、しばらくすると見違えるほど顔つきも言動も穏やかになりました。

Image-19.jpeg

毒親だった母が認知症に...姉と2人で介護に奮戦!! ワフウフさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメント一覧

大変ですね。わたしは舅の介護をしてるので、こころ強いです。こんな風に発信してくださると自分だけじゃないから頑張れそうです。ありがとうございます。
お気持ち分かります。うちは妹が若年性アルツハイマーなので。 しんどいときありますね。
実母も大変だけど姑は最強ですよ怖い、、自覚がないので無茶な 言動だらけオンパレード❗️

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP