近年、研究が進んでいます。認知症予防に「補聴器を使う」ススメ

50歳を超えると特に気になる「将来の認知症」。年齢とともに認知症になるリスクは上がり、65歳以上では7人に1人が発症するというデータがあります。そこで、日本認知症予防学会理事長の浦上克哉先生に教えていただいた「認知症を防ぐための12の方法」の1つ、「補聴器を使う」効果についてご紹介します。

2009_P033_03.jpg

【認知症を防ぐ方法⑧】補聴器を使う

近年、難聴と認知症との関係について研究が進んでいます。

アメリカの大学の研究によると、難聴の程度が重くなるほど、認知症になるリスクが上がることが示されています(下図参照)。

難聴になると認知症のリスクが上がる

2009_P033_04.jpg

聞こえが悪い人は、耳から脳に伝わる音の情報が減り、認知機能が低下してしまいます。

また、話が聞き取りにくいため、人との付き合いを避けようとすることも、認知症を招く要因に。

以前は、難聴がかなり進行してからでないと補聴器を使わないのが一般的でした。

「認知症を予防するためには、軽度の難聴のうちに補聴器を使い始めることが重要です。聞こえが悪いと感じたら、早めに補聴器をつけるようにします」と浦上先生。

【まとめ読み】特集「認知症を防ぐ12の方法」記事リスト

取材・文/松澤ゆかり 撮影/木下大造 イラスト/落合 恵

 

<教えてくれた人>

日本認知症予防学会理事長
浦上克哉(うらかみ・かつや)先生
鳥取大学医学部保健学科生体制御学講座環境保健学分野教授。医学博士。日本認知症予防学会理事長。著書は『認知症&もの忘れはこれで9割防げる!』(三笠書房)など。

shoei.jpg

認知症&もの忘れはこれで9割防げる!

浦上克哉三笠書房

今回の特集で認知症を防ぐ12の方法を教えてくださった浦上先生の著書。「好きなことや楽しいことで”脳の控え選手”を鍛える」「体を動かしながら頭を使う」「旅先で新しい体験と感動に出合う」など、認知症予防の方法が詰まった、わかりやすい一冊です♪

この記事は『毎日が発見』2020年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP