骨が丈夫に!座ったままで「ひざコツコツ」/60秒骨たたき(1)

骨は40歳ごろまでは一定量を維持しますが、以降は加齢とともに骨づくりの速度が衰え、徐々に骨量が減少します。そこで、ぜひ毎日コツコツ行いたいのが「60秒骨たたき」。これは、医学博士の中村光伸先生の考案によるもの。骨に刺激を与え「オステオカルシン」という非コラーゲン性たんぱく質の働きを高めることで、骨を丈夫にできる、とても簡単な健康法なのです。ぜひ、試してみてください。

座ったままで「ひざコツコツ」

【座って60秒間×左右交互にたたく】

背もたれに背中が触れないようにひざを90 度に曲げ、正しい姿勢で座ります。

そのままの状態で60秒間、ひざの上の辺りをこぶしで交互にたたきます。

この体操が基本形。

1日に合計100回を目指しましょう。

1.こぶしは胸の高さから軽く下ろす

2006_p062_01.jpg

右のこぶしを胸の辺りの高さまで上げ、手の重みを利用してそのまま軽く下ろします。ポイントはたたいた振動が足裏にまで抜けていくように伝わること。

2.リズムよく左右交互にたたく!

2006_p062_02.jpg

右と同様、左のこぶしもひざの上の辺りをたたきます。左右交互にたたくのは自分のペースで構いません。また、必要以上に強くたたくこともありません。

【Good Point!】2006_p062_03.jpg

※「骨たたき」については、こぶしであまり強くたたいたり、かかとを必要以上に地面に強く下ろしたりしないように注意してください

NG

2006_p063_01.jpg

×ひざを90度以上開くと力が伝わらない

ひざを開いた状態で骨たたきをすると足裏まで力の振動が伝わりません。さらにひざが逆に曲がるような力が加わるため、強くたたくと痛める可能性あり。

×足を伸ばすとひざが遠くなる

足を伸ばした状態でたたこうとすると、ひざが遠くなるので前屈姿勢になります。また、ひじも伸びた状態になるので、力を入れてたたきにくくなります。

2006_p063_03.jpg

前かがみになるのは×

×ひざが曲がるとかかとが浮く!

かかとが上がった状態でこぶしを下ろしても力が入りません。しかも、こぶしの力が足裏まで伝わらないため、たたいた刺激の伝導が小さくなります。

2006_p063_03.jpg

2006_p063_04.jpg

かかとが浮くと効果が弱まる

×ねこ背になると手が上げにくい

足を後方に曲げるとかかとが上がるため、ねこ背になります。そのまま背筋を伸ばそうとすると股関節や腰に少し負荷がかかるのでケガの原因になります。

◆1分間の骨たたきを2カ月間続けるとオステオカルシンが増加

2006_p061_01.jpg

30代後半女性、40代前半女性、50代前半女性のモニターに2カ月間『骨たたき』を実施。オステオカルシンの数値を調べました。すると、2カ月後には全員が約20%増加する結果に。

取材・文/木之下潤 撮影/齋藤ジン イラスト/角 裕美 モデル/永谷佳奈

 

<教えてくれた人>

光伸メディカルクリニック院長 医学博士
中村光伸(なかむら・こうしん)先生

整形外科医の知見から骨の仕組み、体の動かし方を生かした骨トレーニングを提唱する骨の専門医。近年、注目されるホルモン「オステオカルシン」を研究し、骨の強化と全身機能回復を両立する「骨たたき」を考案。

shoei.jpg

『医者が考案した骨粗しょう症を防ぐ1分間骨たたき』

(中村光伸/アスコム)

骨の専門医が考えた丈夫な骨を作るための一冊。骨粗鬆症の仕組みから骨の再構築化、骨折の原因、骨を強くするトレーニングに関する内容まで、全5章の中に骨の情報がたくさん詰まっている。

この記事は『毎日が発見』2020年6月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP