頭痛、めまい、吐き気...。肩こりがひどくなると、なぜ「多くの不調」に襲われるの?

首や肩、背中の「こり」に悩まされていませんか? その原因は、「背骨の中心となる胸椎にあるんです」と、テニスボール矯正の考案者である酒井慎太郎さんは言います。そこで、酒井さんの著書『肩こり・首痛完全解消! 10秒胸椎のばし』(KADOKAWA)から、毎日10秒続けるだけで効果がある「胸椎のばし」のメリットや具体的な方法をご紹介します。

pixta_45367310_S.jpg

こりがひどくなると、頭痛やめまい、吐き気がしませんか?

みなさんは、肩こりや首こりなどがひどくなると、他にも多くの不調に見舞われたりしませんか?

たとえば、頭痛、頭重感、めまい、ふらつき、吐き気、耳鳴り、目のかすみ......。

気持ちが悪くなったり、気分が沈んだり、イライラしたりする人もいらっしゃるかもしれません。

こうした不定愁訴がどうして起こるのか、みなさんは理由をご存じですか?

じつは、こうした症状は、頸椎部分で神経が圧迫されているために起こっているのです。

ストレートネックやねこ背が進むと、頭の重みがダイレクトに頸椎にのしかかり、頸椎自体が変形したり頸椎の椎間板がつぶれてしまったりという問題が発生してきます。

すると、頸椎の脊髄から出た神経がさかんに圧迫されるようになります。

すなわち、この神経圧迫によって頭痛やめまい、耳鳴りなどの症状が引き起こされているのです。

頸椎から出た神経は多くが頭部方面へ向かっているため、頭部を中心とした不快症状が現われるわけですね。

また、頸椎近くには多くの自律神経が通っていて、これらが圧迫されると自律神経失調症のような症状が現われることになります。

その症状は、先に挙げた以外にも不眠、冷え、のぼせ、多汗、胃腸障害など多岐にわたり、体が疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなったり、暑さや寒さなどの季節の温度変化に弱くなったりする場合もあります。

さらに、不調は身体だけでなく精神面にも及び、イライラしたり、落ち込んだり、うつ傾向が強まったりするようにもなります。

なかには、さまざまな不定愁訴に悩まされたあげく、心も体もコントロール不能のような状態に陥って、うつ病になってしまう人も少なくありません。

私の治療院を訪れる患者さんにも、首のトラブルから数々の不定愁訴をこじらせてしまった方がたくさんいらっしゃいます。

とくに最近は、スマホやパソコンの使用でうつむいてばかりいて首を疲弊させてしまい、心も体も失調状態に陥っていく人が目立っています。

47.jpg

ただ、こうした不定愁訴も、治療の手がないわけではありません。

それというのも、頸椎をゆるめて圧迫された神経を解放してあげると、てきめんに症状が解消するケースがたいへん多いのです。

そして、頸椎をしっかりゆるめるためには、胸椎も一緒にゆるめ、動きをよくしていかなくてはなりません。

頸椎と胸椎は常に連動して働いているため、どちらか一方ではなく、両方の動きを復調させていくことがとても重要なのです。

つまり、『首の神経圧迫による不定愁訴』の悪循環から脱出するのにも、胸椎の動きを取り戻すことが大きなカギとなるわけですね。

肩こり、首痛に悩む方は必読です!「10秒胸椎のばし」その他の記事リスト

71dOuge9zhL.jpgたった10秒で効果をもたらす「胸椎のばし」に加え、「仙腸関節テニスボール体操」など、5章に渡って「健康をキープ」するメリットが詰め込まれた一冊

 

酒井慎太郎(さかい・しんたろう)

さかいクリニックグループ代表。柔道整復師。千葉ロッテマリーンズ・ベースボール・アカデミーオフィシャルメディカルアドバイザー。中央医療学園特別講師。テニスボールを使用した体全体のバランス矯正の考案者。

shoei.jpg

『肩こり・首痛完全解消! 10秒胸椎のばし』

(酒井慎太郎/KADOKAWA)

頭痛、めまい、背中のハリ、ねこ背、ストレートネック…。

スマートフォンの普及などにより、現代人が抱える多くの不調。その原因と解消方法がとにかく「わかりやすく」まとめられた話題の一冊です。

肩こりや首痛の原因を知り、それらを解消する「胸椎のばし」を行うことで、ぜひ健康のキープに役立ててください。

※この記事は「肩こり・首痛完全解消! 10秒胸椎のばし」(酒井慎太郎/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP