お願いされて見せただけなのに!同僚が「自慢した」と悪口を言いふらして...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:mamapanda
性別:女
年齢:46
プロフィール:よく「どんくさい」と主人や友人に叱られている、普通の主婦です。

18.jpg

職場の同期とは毎日一緒にランチをし、帰りにお茶をしたり食事会をしたりと仲良くしていました。その中の一人、Aさんとはとても気が合い、私が気に入ったお店を教えると彼女は会社帰りにすぐに行ってみたり、ラインで毎日メッセージが来たりと、特に仲の良い友人になったのです。

ある日、彼女が私の家を見てみたいというので、我が家でランチをすることになりました。我が家ではよく友人たちと食事会等を楽しんでいるので、その時も喜んで招待したのです。家にやって来た彼女は、「ダンナさんとはどういう風にクローゼット分けてるの? この棚はどうやって使っているの?」など、ありとあらゆる扉を開けては見て回り、楽しそうにしていました。そして最後には私達の寝室も見たい、と言い出したのです。さすがにそれはどうだろうとは思いましたが、別に友人だし構わないだろうと彼女の思うままに見せてあげました。彼女はランチも家見物も楽しんで帰っていきました。

すると、数日後、同期の一人から「Aさんはあなたの悪口を言いふらしているわよ」と教えられ、とても驚きました。本当は付き合いたくないのに、私がしつこく追い回して、仕方ないから付き合ってやってる、と。私の家に行くのも嫌だったのに、私が強制的に寝室まで見せつけて、いかにも結婚していることを自慢してきた、とも言っていたそうです。さらに他の人からも、彼女が私についてのいろいろな嘘を触れ回っていることなどを聞かされました。よくよく聞くと、私を悪者にして、皆の同情を得て、自分が注目を浴びたいということだったようです。かわいそうなヒロイン役を演じていたのでしょう。

私はそんなことに微塵も気づいていなかったので、すごくショックでした。私を騙して家にまで入り込んできた彼女に怒りさえ感じました。周りの皆は、普段の私と彼女の言動を冷静に見極め、これ以上私が傷つくのを防ぐために私に知らせようと話し合ってくれたそうです。見抜けなかった私はとんだお馬鹿さんでした。皆は前々から彼女の本性を薄々感じていたようで、私は隙だらけだと叱られました。私は反省や怒り以上に、彼女の巧妙な嘘や手口に恐怖さえ覚え、それ以降、彼女に教えた行きつけやお気に入りの店にも行けなくなってしまいました。

その後、私や他の人も彼女に今回のことを問い詰めることはせず、会社では皆が「大人の対応」をしていました。普段の社内での会話はしていましたが、当然彼女を「仲間」として誘う人も居なくなり、それとなく皆の反応が今までとは異なることを彼女も気付いたのだと思います。居場所を無くしたというか、これ以上ヒロインを演じても無駄となった彼女は、しばらくすると会社を辞めていきました。その時は、本当にホッとしたのを覚えています。

あの時、私の目を覚めさせてくれた仲間には本当に感謝しています。もし皆の助けが無ければ、退社していたのは私の方だったかもしれません。今は、二度とそんな人には騙されない、と気を付けるようにしていますが、何よりも、家の中全てをさらけ出すことだけは止めよう、と心に決めました。そもそもそんなことを要求してくる人は居ない、と主人には言われましたが...。

関連記事:人間関係の妄想はゴミ箱へ。心に静けさを取り戻す/枡野俊明

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP