「最近、老けた?」はお疲れの赤信号! 愛され上手なあなたの即効疲労回復法「ストレッチして早く寝る」

よく寝たのにスッキリしない...なんで? その答えは、「疲労回復の方法は、人によって違う」と東洋医学の第一人者である中根一さんは言います。そこで、中根さんの著書『寝てもとれない疲れをとる本』(文響社)から、あなたの正解が見つかる「疲れの正体」と「体質別の疲労回復法」を連載形式でお届けします。

099-007-072.jpg

体質が「水」タイプの人の特徴

<愛され上手の要領よし型>
□誰にでも愛想がよく、人気がある。
□新しいことに挑戦するよりも、慣れ親しんだやり方を好む。
□疲れると「老けた?」と言われがち。シワやくすみ、全身がだるいなどの症状が出る。

腰が低く、愛想のいい人気者タイプの人が多いようです。

気配り上手でもあり、みんなから愛されるキャラクターです。

一方で怖がり屋の一面もあり、決断したり、課題を達成したり、新しいことに挑戦したりするのは、やや苦手。

体力や根気が続かないので、途中でひと休みすることもよくあります。

>チャートであなたの「体質タイプ」を詳しく調べる

疲れに対して

このタイプをひと言でいうと、疲れが外見に現われやすい人。

疲労が溜まると髪がパサつく、肌がくすむ、体の動きが鈍くなる、聞き直しが多くなるなど、「老けた」ときと同じような特徴が見られます。

また、年齢を重ねるにつれて、どの体質の人も、徐々にこの「水タイプ」の傾向が加わっていきます。

「腎」(東洋医学で「水」タイプに対応する)の体質では「疲れのサイン」が、とくに足腰の不調や耳、髪などの諸症状として現われます。

東洋医学では水分コントロールやミネラル調整などを行なうと考えられており、機能の衰えが「老化」として反映されやすいタイプでもあります。

また、このタイプは筋肉や関節が硬くなるので、ヨガやストレッチで体をほぐすと効果的。

体液の循環が促進され、手足のむくみ解消にも役立ちます。

ただし、汗をかきすぎてミネラルを失ってしまう「ホットヨガ」は避けたほうがよさそうです。

「水」タイプは「しっかり動いて」「ゆっくり休む」のメリハリが疲労回復のポイントです。

できる限り、夜は早めに休むように心がけてください。

【疲れのサイン】

・下半身、毛髪、骨、歯、耳に現われる ・足腰がだるくなる、手足がほてる(発熱性消耗性疾患)。

・髪のツヤがなくなる、白髪が増える。

・耳鳴りがする、耳が聞こえにくくなる。

・筋張ったこりが生じる。

・目の周りがくすむ、目の下がたるむ。

・鼻の両脇から口にかけての「ほうれい線」が目立つ(むくみ)。

・歯が浮く感じがする。

【即効!疲労解消法】

・階段の上り下りによる腰回りのストレッチ(腰を少しねじりながら歩くと◎)。

・爪先立ち。

・ゴルフボール踏み。

・15分の仮眠。

・味噌汁を飲む。

【じっくり癒やす!体質管理法】

・適度な休息をしたらヨガやストレッチをする。

・遅くとも夜12時までに就寝する。

・月に一度は、ヘトヘトになるまで運動をする(とくに登山がオススメ)。

あなただけの疲労回復法がわかる「寝てもとれない疲れをとる本」記事リストはこちら!

099-H1-netemo.jpg東洋医学をベースにした「疲労回復メソッド」を4つの体質別に紹介。頭も冴える体質別「ツボ押しマップ」も

 

中根一(なかね・はじめ)
1970年生まれ。鍼灸Meridian烏丸院長。ロート製薬「SmartCamp東京・うめきた」ケア鍼灸監修。経絡治療学会の歴代最年少理事に就任した、日本の東洋医学の第一人者。慢性疾患や難病の治療、不妊体質の改善、体質と肌質に合わせた美容鍼灸なども行う。著書に『もう悩まない!やさしい鍼を打つための本』(医道の日本社)などがある。

099-H1-netemo.jpg

『寝てもとれない疲れをとる本』

(中根一/文響社)

「なかなか疲れが抜けない…」それ、もしかすると「あなたの休み方」があなたに合っていないかもしれません。疲労に悩む全ての人が知るべきは、4つの体質に合わせた、それぞれの対処法。体質の見分け方や最適なケア方法など、「あなただけの疲労回復法」が見つかる参考書です。

※この記事は『寝てもとれない疲れをとる本』(中根一/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP