「冷え性」改善に! 内臓温度を上げる「ほかほかストレッチ」のススメ

肩こり、膝痛、便秘、どうにかしたい・・・。あなたの体の不調、根本的な原因は「内臓の冷え」にあるかもしれません。体の中の温度である「内臓温度」が1℃下がれば体の免疫力が激減するという、冷え性対策の第一人者・山口勝利さんは、「まずは内臓を温めることが重要」だと説きます。「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)にも出演した冷えの専門家・山口さんの著書『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』(アスコム)から、体を隅々までぽかぽかになる「究極の冷え症改善法」をお届けします。

pixta_38029487_S.jpg

どこでもいつでも誰でもかんたんにできる「ほかほかストレッチ」

内臓温度を上げる「ほかほかストレッチ」を紹介しましょう。ストレッチは3種類をそれぞれ1日1セット行ってください。

1つは、インナーマッスルを左右から刺激する「ヘリコプターストレッチ」。2つ目は、前後から刺激する「足上げガッツポーズストレッチ」。そして3つ目が、お腹からの血流をよくする「おじぎストレッチ」です。

「おじぎストレッチ」で、インナーマッスルを刺激するだけでなく、お腹からの血流をよくするのは、内臓温度が下がると、流れが悪くなった血液が下腹部にたまることが多いからです。

「おじぎストレッチ」は、そのたまった血液を、流す効果があるので、特に冷えの自覚のある人や、「隠れ冷え」の疑いのある人は積極的に行うようにしましょう。

すべてのストレッチを行っても約3分で終わります。皆さん毎日忙しいとは思いますが、1日3分くらいならとれるはずです。場所は、自宅でもオフィスでも構いません。イスに座れるところならどこでもできます。

さらに、「ほかほかストレッチ」は、若い人から高齢の人まで、何歳でもできるかんたんなものにしました。

朝起きてからでも、日中の空き時間でも夜眠る前でも、どの時間帯に行っても構いません。

ただ、食後すぐに行うと、気持ち悪くなってしまうこともあるので、注意が必要ですが、ヒハツ(ロングペッパー。著者がおすすめするスパイス)を食べたあと、しばらくしてから行うと、効果は高まります。

このストレッチは、誰でも安全にできるように、基本はイスに座ったままで行うストレッチになります。

もう少し負荷をかけたいとか、物足りないとか思うときは、立った状態で行ってみましょう。座ったバージョンか立ったバージョンどちらかで構いません。

3種類のストレッチを1日1セットずつ行いましょう。ただし、立ったバージョンの「ほかほかストレッチ」は、座った状態でしっかりできる人だけ行ってください。

座ったままでも十分に効果はあるので、無理をしないことです。また無理せずできる回数で行ってください。楽しんでやるのが一番です。転倒してケガをすると、日常生活の動きが制限されるようになります。1日の代謝活動が減って、内臓温度を下げることになると本末転倒ですからね。

058-007-106.jpg058-007-107.jpg

※「足上げガッツポーズストレッチ」「おじぎストレッチ」は『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』(アスコム)で紹介されています

イラスト/石玉サコ

体の免疫力が大幅アップできる『内臓を温めなさい』記事リストはこちら!

058-syoei-naizou.jpg著者考案のストレッチをはじめ、内臓温度と健康の関係や体の温め方が6章にわたって解説。血の流れを良くする20の「ヒハツ」レシピも

 

山口勝利(やまぐち・かつとし)

1962年生まれ。神奈川県横須賀市出身。理学博士、柔道整復師、鍼灸師、全国冷え症研究所所長。30歳のときに墨田区で鍼灸の治療院を構える。体の冷えがあらゆる不調の原因となっていることに気づき、「全国冷え症研究所」を1998年に開所。今では、全国に400の分室を持つ。「冷え」の怖さ、対処法を広めるべく、TVや雑誌などにも多数出演。

shoei.jpg

『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』

(山口勝利、監修:井上宏一/アスコム)

内臓温度を1℃上げれば、免疫力が大幅に上がる! 肩こり、膝痛、がんに腎臓病まで、体の不調は「内臓の冷え」が原因になっているかも?これまでに約6万人の「冷え」を診てきた専門家が考案した3つの対策で、今の体の不調は改善、さらに未来の健康な体まで手に入る、この冬必携の「冷え」対策本。

 

【冷え性には・・・ヒハツ!】最新の冷えとりスパイスはコレ! 現在人気急上昇中!
山口先生が動画で解説⇒https://youtu.be/H5WC97YNsV4

 

【ダイエット】お腹まわりにお肉がつく人、つなかい人の差は内臓の温度にあった!
山口先生が動画で解説⇒https://youtu.be/5ZFhfgI3Y1w

※この記事は『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』(山口勝利、監修:井上宏一/アスコム)からの抜粋です。
PAGE TOP