1日のトイレの回数は・・・? 数字で見る「尿事情」

くしゃみをしたときに尿漏れ――。多くの女性を悩ませる排尿トラブルは、原因を知って対策を立てれば改善・予防ができます。薄着の季節も安心して過ごせるよう、こうした「尿漏れ」について、LUNA骨盤底トータルサポートクリニック院長の中村綾子先生にお聞きしました。今回は、わたしたち世代の「尿事情」についてご紹介します。

pixta_39409315_S.jpg熱中症対策などで適度な水分補給は欠かせませんが、1日2リットルを超える水分をとると飲み過ぎによる頻尿につながります。また、膀胱を刺激するコーヒーや紅茶、ビタミンC飲料、かんきつ類や香辛料など、頻尿を助長する飲料や食材もあるのです。

「頻尿が気になるときにはご自身で排尿メモをつけましょう。1回の回数や尿量を知り、尿量が多くて色が薄ければ水分過多の可能性があります」と中村先生はアドバイスします。

 

数字で見る私たち世代の「尿事情」

おなかに圧力がかかったときに起こる腹圧性尿失禁の患者は国内で500万人以上、我慢できない切迫性尿失禁を伴う過活動膀胱は800万人以上。多くの人を悩ます排尿障害だけに、尿にまつわる数字を覚え、ご自身の状態チェックをしてみてください。

 

■1日のトイレの回数・・・5回程度
1907p029_3.jpg1日のトイレの回数の目安は5回です。8回以上は頻尿。逆に1日3回など少な過ぎるのもよくありません。回数をよく確認しましょう!

 

■1回の平均尿量・・・200ml
1907p029_2.jpg1回の尿量の目安は200mlです。尿量が少なくてトイレの回数が多いのはきちんと尿が出ていないから。残尿感や痛みが伴うときなどは病気の可能性大。

 

■1日の推奨水分摂取量・・・1ℓ

1907p029_1.jpg

1日の水分摂取量の目安は1リットルで尿量も1リットルになります。夏場は汗をかくので、その分、水分摂取量を増やしましょう。少な過ぎるのは×。


「排尿メモ」をつけてみましょう1907p029_4.jpg

トイレに行ったときに時刻と量をメモします。目盛りを記した紙コップなどを使用して1回の尿量を量りましょう。1日の合計尿量÷回数が1回の平均尿量になります。1回の尿量が少なくて回数が多いなど、ご自身の状態をまず把握することが大切です。

 

■覚えておきたいキーワード

1. 頻尿
1日8回以上、うち夜間 (就寝中)2回以上トイレに行くのが頻尿の目安です。 過活動膀胱などによって起 こりやすくなります。

2. 過活動膀胱
我慢できないほどの尿意を感じる尿意切迫感を伴う排尿障害です。ほかに頻尿、残尿感や尿漏れを伴うこともあります。

その他の「尿の悩み」記事リストはこちら!

取材・文/安達純子 イラスト/松元まり子

 

 

<教えてくれた人>

中村綾子(なかむら・りょうこ)先生

LUNA骨盤底トータルサポートクリニック院長。2007年横浜市立大学医学部卒業。みなと赤十字病院、横浜市立大学附属病院、藤沢市民病院などを経て13年LUNA骨盤底トータルサポートクリニックに非常勤勤務開始。横浜保土ヶ谷中央病院勤務を経て17年より現職。18年に女性医療クリニックLUNAネクストステージ院長就任。

累計2.8万枚!大ヒットアイテムに夏用の「メッシュショーツ」が登場!

 

14c4590c9b42626f2df863916e15e1030f79aed2.jpg

毎日が発見オリジナル

失禁対策メッシュガードルショーツ

1枚:3,800円(税込)

3枚組:通常11,400円(税込)→10,000円(税込)

累計売上枚数28,300枚の大ヒット商品「毎日が発見オリジナル 失禁対策ガードルショーツ」に、待望のメッシュバージョンが登場! 薄型パワーネットで、緩んだ骨盤底筋を引き上げてくれる特徴はそのままに、通気性のよいメッシュ生地で、蒸れを軽減してくれる優れものです。もちろん、高機能の吸水3層パッドで、尿はしっかりガード。この夏は爽やかなメッシュショーツを着用して、骨盤底筋の緩みをサポートしましょう。

 

■注目のオリジナル3大機能!

 

【1】背中から恥骨までパワーネットをぐるりと配置

後傾した骨盤の位置補整をするために、ウエストから骨盤下部に向けてパワーネットを配置。ぼうこうの圧迫軽減が期待できます。

 

【2】ハンモック構造になった吸水パッドが緩んだ骨盤底筋を引き上げます

吸水パッドを前後のパワーネットでつるす構造にすることでフィット感が増。しっかりと骨盤底筋を引き上げます。

 

【3】たっぷり45cc吸水の3層パッド

高機能の3 層パッドと せき止めテープで尿を しっかりガードします。 安心の消臭機能付き。

nakamura ryoko.jpg医師もおすすめ!
骨盤底筋は骨盤内にあるぼうこう、子宮、直腸などの臓器を支える大切な筋肉で、排尿や排便をコントロールします。尿道、膣、肛門の3つの開口部が骨盤底の1カ所に集まっているため、加齢による筋肉量の減少などで、骨盤底筋が衰え、緩んだり硬くなったりすると、尿漏れなどの原因になりやすくなります。だからといって、外出時に不快な思いをするからと、家に引きこもりがちになるのは体にも気持ちにもマイナス。便利な対策グッズを利用するのも一つの解消法です。

LUNA 骨盤底 トータルサポートクリニック 院長 中村綾子先生

 

■インターネットでのご購入はこちらから

1枚:3,800円(税込)

3枚組:10,000円(税込)


■電話でのご注文はこちらから
『毎日が発見』受付センター
0120-325-085(9~18時、通話料無料)

この記事は『毎日が発見』2019年7月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP