目指すは「するするバナナ」? トレーニングで実現できる理想の排便

急にくる「下痢」や長く続く「便秘」に悩んでいる女性も少なくないはず。そこで、排便トラブルのスペシャリストである大腸・肛門機能の専門医による話題の書籍から「排便の正しい知識と対処術」をご紹介!目指すべき理想の便「するするバナナ」についてや、多くの人が誤解して陥りやすい「うんこトラップ(罠)」、またその予防・対処術としての「うんトレ」のエッセンスを、連載形式でお届けします。

※この記事は『うんトレ ― 誰にも言えないうんこのトラブル「スッキリ解消! 」ブック』(神山剛一・医療監修/方丈社)からの抜粋です。

 

pixta_42737259_S.jpg

 

うんトレすれば夢じゃない理想のうんこ

便秘でも、下痢でも、その他でも。 排便に関するあらゆる悩みをもつ人が、悩みを解消するには下の「するするバナナ」をめざすことです。だからまず「するするバナナ」について知り、いつでもイメージを思い描けるぐらいになりましょう。

「するするバナナ」について正しく知りもせず、出勤前の30分はトイレにこもるとか、電車に乗るともよおして困るとか、会議の前は薬を飲んでおかなくちゃとか言っていると、誰にとは言わないけれど叱られます。ひたすら「するするバナナ」を追求します!

001-001-012.jpg

 

■するするバナナはこんなやつ

<理想の便の性状>
・うるおいたっぷりボディ(水分約80%、残りの20%が固形物)
・理想は1回200~250gぐらい(ただし食事の質・量により変わる)
・本物なら力まずとも登場する(するする出てくる)
・登場するときには「本物の便意」が教えてくれる
・毎日、登場しなくても気にしない(人により、食事により、毎日現れなくても問題なし)
・固形物の構成は「食物繊維」「腸内細菌」「はがれた粘膜」おおむね各1/3
・色やにおいは食事により変わる
・排便プロセスの全過程が良好な証!

 

次の記事「おなかのトラブルを回避する初めの一歩はうんちの観察&評価!/うんトレ(2)」はこちら。

 

61Hux4eEmeL.jpg
かわいいイラストを使って「排便の正しい知識と対処術」が分かりやすく解説されています

 

 

神山剛一(かみやま・ごういち)

医学博士。医療法人社団俊和会寺田病院 外科・胃腸科・肛門科医師、同日暮里検診プラザ予防医学管理センター副センター長。日本外科学会専門医。日本消化器外科学会会員、日本消化器内視鏡学会会員、日本大腸肛門病学会会員、日本老年泌尿器科学会会員、日本リハビリテーション学会会員、日本ストーマ排泄リハビリテーション学会会員。

61Hux4eEmeL.jpg

『うんトレ ― 誰にも言えないうんこのトラブル「スッキリ解消! 」ブック』

(神山剛一・医療監修/方丈社)

便秘や下痢でおなかが痛い…そんな排便生活に悩む人々を救ってくれる「うんこのトラブル解消」ブック!誤った知識を正して「うんトレ」に励めば、誰にも言えなかったあのつらい日々とも、きっとおさらばできる。“腸活”の必読本です!

この記事は書籍『うんトレ ― 誰にも言えないうんこのトラブル「スッキリ解消! 」ブック』からの抜粋です

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP